消費者金融のキャッシングには、契約時に決められた利用限度額を増やす事ができる【増額】という物があります。

増額に成功すれば今まで以上に大きなお金を借りる事ができるようになりますので、キャッシングの活用場面を更に広げる事ができます。

「今の限度額じゃ足りない・・・別のキャッシング会社に申し込んでみようかな・・・」と思って新たなキャッシング会社に申込むをする前に、今契約しているキャッシング会社で増額できるかを試してみる事をオススメします!

ここでは増額に成功する為の基本的な情報や、増額の際に注意するべき点について簡単にまとめていますので参考にしてみて下さい。

増額に申込む条件

増額を行うには一定の条件を満たす必要があります。消費者金融によって申込む条件は異なってはいますが、基本的な条件に大きな違いはありません。

各キャッシングに共通している申込み条件は以下の4点です。

  • キャッシングに契約してから半年以上経過している
  • 増額を申込むキャッシングで延滞をした事が無い
  • 他社借入分も含め借入総額が年収の3分の1を超えていない
  • 過去1年~5年の間に自己破産や債務整理の経験が無い

これらの条件を満たしていれば、基本的には増額に申込む事が可能です。

キャッシングに契約した日に増額に申し込もうとされる方も多く居るようですが、最低でも契約から半年間は増額に申込む事ができない事を覚えておきましょう。

アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル等の大手消費者金融なら、増額の申込対象になると電話で連絡してくる場合もありますので、電話が来た場合は増額に挑戦してみましょう!

増額の申込方法

増額の申込方法もキャッシングの提供会社によって異なりますが、Web会員ページがあるキャッシングであれば会員ページから申込む事も可能です。

一例ですが、新生銀行レイクの会員ページから増額申込みページに移ると、増額可能かどうかがページ上に表示されているので一目で確認する事ができます。

会員ページ以外にも、店舗窓口・専用の電話番号からも増額の申込みをする事は可能です。増額の誘いの電話が消費者金融からあった場合は、その電話のまま増額審査に進む事も可能なので、増額を希望されている方はどんどん増額審査にチャレンジしてみましょう。

増額申込方法一覧
店舗窓口 自動契約機 電話 Web・アプリ
アコム ×
アイフル
プロミス
SMBCモビット × × ×

◆利用限度額の増額に申込む方法まとめ

  • 店頭窓口で申込む
  • メンバーページで申込む
  • 電話で申込む
  • 増額の案内電話があった場合にその場で申込む

増額審査に通過するポイント

消費者金融の増額審査に通過する為には次の4つの項目が重要視されます。

  1. 増額後の貸付金額が他社借入分も合わせて年収の3分の1を超えていないか
  2. 他社借入件数が4社を超えていないか
  3. 自社キャッシングの貸付で滞納が発生していないか
  4. 自社キャッシングに契約した時よりも勤続年数や年収が増えているか

増額審査では十数個の審査項目をチェックして審査結果を出しているのですが、特に増額審査で重要になるのがこの4つの項目になります。

まず、消費者金融には総量規制が適用されるのですが、総量規制が適用された場合、”合計借入額が年収の3分の1を超えてはならない”という制限がかけられます。

総量規制について詳しく知るならコチラ
総量規制が適用されると年収の3分の1までが借り入れできる額に決定されます。総量規制には他にも様々な制限がありますのでキャッシングを利用する前に知っておいて損はありません。

総量規制について知っておけば更にお得かつ便利にお金を借りる事もできます。こちらのページでは総量規制に関する詳しい情報や耳寄り情報を提供していますので是非活用してみて下さい。

関連記事:総量規制を徹底解説!

他社借入額と増額希望額を合わせた金額が年収の3分の1を超えてしまっていると、法律上貸付する事は禁止されていますので100%の確立で審査に落ちてしまいます。

また、他社借入件数が4件以上ある場合や自社キャッシングで滞納が起きている場合、消費者金融側としては返済してもらえるか怪しいと考えますので、審査落ちする可能性が大きく高まってしまうのです。

確実に増額したい場合は上記で解説した4つの項目をクリアできる事を確認してから増額審査にのぞむと良いでしょう。

増額する消費者金融と他社キャッシングの利用実績も重要!

増額審査ではキャッシングの利用実績も重要になってきます。

例えば、プロミスに契約して2年が経過するけど一度も借入した事ない場合と、アコムに契約して借入と返済を正しく行って2年が経過した場合だと、アコムで増額審査を受けた方が審査に通過する可能性が高くなります。

借入して返済をキッチリ行っていれば、「この人にお金を貸してもキチンと返ってくる!」と信用を与える事ができるため、利用実績は増額審査の大きな要となっているのです。

借入・返済履歴は信用情報機関に記録されているので、新たに他社キャッシングに申込をしたり増額審査を受けたりする時にも影響します。借入を定期的に行って延滞の履歴が一切なければ審査で有利になるので、審査対策として定期的に借入してみるのも一つの手ですね!

増額審査に採用されるスコアリングシステムとは

増額審査ではスコアリングシステムが採用されます。

スコアリングシステムとは、複数ある審査項目一つ一つに点数を付けて合格点数ラインに到達すれば審査に通過できるというシステムの事です。

かなり細かな所まで点数化されるので不安があるかと思いますが、上記で解説した4項目を大きな審査基準としていますので、スコアリングシステムの事はそこまで気にする必要はありません。(気にした所で住所や年収を今すぐどうにかするのは無理難題ですよね…。)

とは言え気になる人は気になると思いますので、スコアリングで見られる項目を一覧にしてみました。

  • 年齢(働き盛りの30代~40代が高評価)
  • 結婚してるかどうか(既婚者の方が若干有利)
  • 住所(住所が無いと審査に通らない)
  • 住居形態(賃貸か持ち家か市営住宅か)
  • 同居人の有無
  • 職業(公務員>正社員>契約社員>派遣・アルバイトの順で評価)
  • 勤務先
  • 勤続年数(最低でも1年以上ほしいところ)
  • 保険形態(社会保険だと評価が高い)
  • 与信額
  • 借入総額(他社含め)
  • 他社借入件数(4社以上はNG)
  • 返済履歴(滞納履歴があると審査落ちする可能性がグンと上がります…)

と、ズラズラとあります。

スコアリング項目の中でも重要度が高いのは、職業・勤続年数・借入総額・他社借入件数・返済履歴といった所でしょうか。

増額審査の結果が分かる時間

消費者金融の増額審査の結果が分かるのは、増額申込をしてから30分~1時間程度が一般的です。

ただし、この時間は大手消費者金融が審査結果を回答できる時間であり、銀行や中小の消費者金融の場合は翌日以降に審査結果の連絡が届く場合もあるようです。

大手消費者金融はキャッシングに契約する場合も最短30分~1時間程度で審査結果の連絡がありますから、今すぐに追加で借入が必要な場合は大手消費者金融に増額申込をするか、新たに別の大手消費者金融に申込むという手段もあります。

増額審査に落ちたらどうなる?

キャッシング契約の審査に落ちた場合は借入できませんが、すでに契約しているキャッシングの増額審査に落ちても増額が出来ないだけで他には何の影響もありません。

増額審査に落ちても今まで通り借入できますし、今後審査で不利になるという事もありませんので安心して下さい。

ただし、一度増額審査に落ちてしまった場合は同じキャッシングに即座に増額審査を申し込んでも受け付けてくれませんので、再度増額審査に申込む場合は1ヶ月以上時間を置いてから申込むようにして下さい。

短期間のうちに立て続けに増額審査に申込をしてしまうとブラック扱いになる可能性も十分にありますので、増額だからといって適当に申込をするのは辞めましょう。

増額審査に落ちた時の借入対処法

増額審査に落ちてしまった場合は増額は出来ませんが、新たに別にキャッシングに申込をして借入するという方法が残っています。

場合によっては金利の高い消費者金融で増額してお金を借りるよりも、条件の良いの銀行カードローンに新たに申込をしてお金を借りた方が増額するよりもお得になる場合もあります。

試しに大手消費者金融と銀行カードローンの金利を見比べてみましょう。

キャッシング・カードローン 金利(実質年率)
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%

楽天銀行カードローンは銀行カードローンの中でも平均的な金利で、じぶん銀行カードローンは銀行カードローンの中でも高金利に分類されています。

高金利に分類されているじぶん銀行カードローンですら大手消費者金融の金利よりも低く設定されているので、消費者金融での増額に拘る必要はあまりありません。むしろ消費者金融で増額するより銀行カードローンに新しく申し込んだ方がお得ですね。

増額審査に落ちた時には銀行カードローンに是非申込んで見ましょう!

増額審査に落ちたら、この銀行カードローンに申込んでみよう!

楽天銀行カードローン

rakuten
  • 実質年率 1.9%~14.5%
  • 限度額 800万円
  • お試し
  • 土日祝
  • 派遣
  • パート
  • バイト
申込条件 満20歳以上62歳までの方
継続的に安定した収入のある方
パート・アルバイト・派遣社員・自営業でも利用可能
担保・保証人 不要
月々の返済 2,000円から

じぶん銀行カードローン

  • 実質年率 2.2%~17.5%
  • 限度額 800万円
  • お試し
  • 土日祝
  • 派遣
  • パート
  • バイト
申込条件 満20歳以上70歳未満の方
継続的に安定した収入のある方
担保・保証人 不要
月々の返済 1,000円から