じぶん銀行は、auと三菱東京UFJ銀行が協力して立ち上げられたネット銀行です。

そのじぶん銀行が提供しているカードローンは、最大で800万円の高額な融資にも対応しており、ネット銀行でありながら、スピーディーな振込融資にも対応している利便性を兼ね備えている優れた銀行カードローンです。

じぶん銀行カードローンはauユーザーに向けた割引サービスも行っているので、auのスマホを使われていたりauのネット回線に契約されている方はお得に融資を受ける事が出来るので要チェックです!

今回は、じぶん銀行カードローンの審査情報や、他行カードローンと比べて金利等のスペックはどの様に違うのかを比較・調査してまとめてみましたので、じぶん銀行カードローンを検討されている方は参考にしてみて下さい。

じぶん銀行カードローンの基本情報

金利(年率) 融資限度額 Web申し込み
2.2%~17.5% 10万円~800万円 可能
遅延損害利率 担保・保証 手数料
年18.0% 不要 不要

じぶん銀行カードローンの最大のメリットは、店舗を持たないネット銀行でありながらスピーディーな融資が可能という点です。どうしても急ぎでお金を借りたい!と思われた方でも安心して利用する事が出来るでしょう。

申込対象者

・申込時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
・定期的に安定した収入の得ている方
・保証会社であるアコムの保証を受けれる方

アルバイト パート 派遣社員 契約社員

じぶん銀行カードローンのメリットとデメリット

じぶん銀行は融資速度も早く、auユーザーに向けたサービスがあるのでauユーザーはかなりお得にお金を借りる事ができます。しかし、じぶん銀行カードローンは金利があまり低くない等のデメリットも存在しますので、じっくりと考える必要があります。

下記では、じぶん銀行カードローンのメリットやデメリットについてご紹介していますので、カードローン選びの判断材料の一つにしてみて下さい。

じぶん銀行カードローンの『デメリット』

まずはじぶん銀行カードローンのデメリットについて見ていきましょう。

銀行にしては金利が高い

じぶん銀行カードローンの最大金利は年17.5%と、消費者金融並に高い設定となっています。

銀行カードローンの最大金利は年14.5%前後が平均的な金利設定となっていますので、金利だけでカードローンを選ぶのであれば、じぶん銀行カードローンは除外されるでしょう。

申込方法はインターネットのみ

じぶん銀行カードローンへの申込方法はインターネットからの申し込みのみです。このサイトを見られている方はインターネットの扱いには慣れているかと思うので特に問題はないと思いますが、インターネットを扱い慣れていない方には少し敷居の高い申込方法となっています。

じぶん銀行カードローンの『メリット』

続いてメリットについて見ていきましょう。

スピーディーな融資が可能!

ネット銀行でありながらもスピーディーな融資が可能な点がじぶん銀行カードローンの最大のメリットです。ただ、素早く借入できる融資方法は振込融資のみなので、銀行が営業している時間ないに契約をしておかなければ、融資は翌日以降になる可能性があります。できるだけ早め早めに申し込みをする様にしましょう。

auユーザーなら金利が優遇される!

auユーザーであれば、通常のカードローンが年0.1%金利優遇されます。auユーザー専用の申込みボタンがありますので、auユーザーの方はそこから申し込みをする様にしましょう。

auユーザー限定の借り換えコースがお得!

auユーザー限定の借り換えコースというものがあるのですが、他の銀行カードローンよりも明らかな金利がお得な設定なので借り換えローンにピッタリなのです。

じぶん銀行カードローンの借り換えコースはの金利は、年1,9%~12.5%で、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行等のメガバンクのカードローンよりも遥かに良心的な金利設定となっています。

例えば金利18.0%の消費者金融から80万円借入し、48回払いで返済したとすると、かかってくる利息は合計で約32万8千円です。同じ条件でじぶん銀行の借り換えコースで借り換えをした場合、利息の合計は約22万円となり、消費者金融と比べると約11万円も支払う利息が減るのです。

もしすでに色々な金融機関からお金を借りて返済に困っている方は、じぶん銀行の借換コースを利用して返済負担を軽減してみてはいかがでしょうか!

ATM利用手数料が基本無料!

じぶん銀行カードローンはATM利用手数料がかかりません!しかも、24時間365日手数料無料で利用できますから、いつでもでも手数料を支払わずにお金を借りたり返済したりする事ができるのです。

▶利用手数料無料の提携ATM

  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • コンビニATM e.net

じぶん銀行カードローンと他金融機関を比較!

じぶん銀行カードローンは金利の高さがネックというご紹介をしましたが、他の銀行カードローンを比べてどれだけ金利の差があるのでしょうか?気になったので人気の銀行カードローンと様々な面を比較してみました!

金利を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% 18.00%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.00 19.90%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 14.60
消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
アコム 4.70%~18.00% 20.00%
プロミス 4.50%~17.80% 20.00%
SMBCモビット 3.00%~18.00% 20.00%

じぶん銀行カードローンの最大金利が17.5%となっていますが、他の銀行カードローンは最大金利が14.0%~14.6%の間で設定しています。

消費者金融に関しては基本的に18.0%の最大金利設定となっていますので、じぶん銀行カードローンはどちらかというと消費者金融の金利設定に近くなっているので、銀行ならではの金利設定を行えていない訳です。

銀行カードローンは良心的な金利でお金を借りる事が出来るという最大のメリットが武器なのですが、じぶん銀行カードローンには銀行ならではの金利設定という特徴が無いので、三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行に軍配が上がっています。

限度額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 融資限度額 金利(実質年率)
じぶん銀行カードローン 10万円~800万円 2.2%~17.5%
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
10万円~800万円 2.0%~14.0%
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円 1.9%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円 1.8%~14.6%
消費者金融名 融資限度額 金利(実質年率)
アコム 1万円~800万円 3.0%~18.0%
プロミス 1万円~500万円 4.5%~17.8%
SMBCモビット 1万円~800万円 3.0%~18.0%

じぶん銀行カードローンの融資限度額は最大で800万円という比較的大きな額の設定になっています。800万円という余裕ある限度額であれば、様々な場面で活用する事ができます。

注意してもらいたいのが、何処の銀行も共通して言える事なのですが、最初の契約からいきなり最大限度額の融資を受ける事は出来ないという事です。

最大額まで借入するにはそれなりの信用と年収が必要になります。基本的に年収は希望している借入額の約3倍の年収があれば問題ないとされていますが、借り入れする先と長く取引をして信用を得る必要もありますから、新規で突然数百万円を借りるのは難しいのです。

最初のうちに少額から初めて、信用を得てから増額融資をお願いすると良いでしょう。

毎月の最低返済額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 毎月の最低返済額
みずほ銀行カードローン 10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
2,000円
三井住友銀行カードローン 10,000円
楽天銀行スーパーローン 3,000円
イオン銀行カードローン 3,000円
じぶん銀行カードローン 1,000円

じぶん銀行カードローンは、なんと毎月の返済額が最低1,000円とかなり低い設定となっています。10万円を借りた場合でも、返済が厳しい月は1,000円だけ払う事で、その月の返済は完了します。

もちろん毎月1,000円づつ返済していくと中々元本が減らないという事になるので、余裕がある時はどんどん追加で返済していく必要があります。最低返済額が低い面はメリットにもなりデメリットにもなるという事を頭に入れておきましょう。

じぶん銀行カードローンまとめ

じぶん銀行カードローンはauユーザー向けにある借り換えローンが一番の売りの銀行だと感じました。通常のカードローンは金利が高いので、金利条件の良い銀行カードローンとしてお金を借りたいのであれば、じぶん銀行はあまりオススメできません。

auユーザーの方や急ぎでお金を借りたい方は是非じぶん銀行カードローンに申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンについて知りたい方必見!
銀行カードローンの基礎情報からオススメの銀行カードローンまでご紹介しています。

関連記事:銀行でお金を借りる|失敗しない借入術を伝授!