夜でも申込める銀行カードローン

スマホが普及した事でインターネットから銀行カードローンに気軽に申し込む事ができるようになりましたが、インターネットで申し込み・契約を完結させてしまった場合は融資方法が振込になってしまいます。

振込融資で即日中にお金を借りるには平日の14時~15時までに契約を完了させる必要があり、時間外に契約をすると翌営業日以降の融資になります。即日融資を受けたくても、平日の14時~15時という時間帯は仕事をしている人からすれば少し厳しい条件ですよね。

しかし、自動契約機を使えば夜間に申し込みをしてもその日の内に融資を受けれる可能性があります!

今回は、夜間に申し込みをしても即日中に融資を受けれる銀行カードローンについてまとめてみました。

自動契約機で契約すれば夜間でも借りれる

なぜ自動契約機で契約すれば夜間に申し込みをしても即日融資を受けれるのかというと、自動契約機で契約をすればローンカードを直接受け取る事ができるので、ローンカードを使ってATMからお金を即座に借りる事が出来る、という仕組みです。

自動契約機が営業している時間ですが、これは各銀行によって異なっています。また、自動契約機を設置している銀行は限られているので、その点も注意しなければなりません。

自動契約機のある銀行と営業時間

銀行カードローン 金利(実質年率) 融資限度額 最遅営業時間
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 24時
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 10万円~500万円 20時
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円 21時

自動契約機が設置されている大手銀行は上記の表の3つ。では、各銀行自動契約機の営業時間を見てみましょう。

◆新生銀行カードローンレイク

  • 平日・土曜日=8時45分~24時
  • 日曜日・祝日=8時45分~22時
  • 毎月第3日曜日=8時45分~19時

◆三菱東京UFJ銀行カードローン

  • 平日=9時~20時
  • 土曜日・祝日=10時~18時
  • 日曜日=10時~17時

◆三井住友銀行カードローン

  • 全日=9時~21時

新生銀行レイクは平日と土曜日であれば24時まで自動契約機が営業しています。三菱東京UFJ銀行は20時、三井住友銀行は21時と新生銀行レイクよりは早く営業が終わります。

残業さえ無ければ三菱東京UFJ銀行も三井住友銀行も営業時間内に駆け込む事が可能ですね!

スマホから申込んで自動契約機でカードを受け取る方法

自動契約機に行って1から申し込むのもアリですが、仕事の休憩中にスマホで申し込み・審査を完了させておいて仕事終わりに自動契約機に行ってカードを受け取るという方法もあります。

事前にスマホで審査を完了させておけば、残りは自動契約機で身分証明書の提出をしてカードを受け取るだけの作業になるので、自動契約機の営業時間ギリギリに到着しそうな場合でも安心できます。

新生銀行レイクの自動契約機は24時まで営業しているので、20時~21時までに間に合わなさそうな人は新生銀行レイクの自動契約機を使って申込んでみると良いでしょう。

カードを受け取ればコンビニATMで借りるだけ!

カードを受け取ってしまえばこっちのものです!三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の2つのカードローンはコンビニATMに対応しているので、ATMを使えば24時間すぐにお金を借りる事ができます。

また、新生銀行レイクを含む3つの銀行カードローンは、提携ATM・コンビニATMを使って借入・返済した場合のATM利用手数料が一切かからないので、その点も安心できますね。

新生銀行レイクのATM利用可能時間
  • 月曜日=5時~24時50分
  • 火曜・水曜日=0時10分~23時50分
  • 木曜日=1時30分~23時50分
  • 金曜・土曜・日曜日=0時10分~23時50分
  • 第3日曜日=0時10分~20時00分

三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行は提携ATM・コンビニATMともに24時間利用可能になっています。

自動契約機での契約方法

自動契約機での契約方法はいたって簡単です。

  1. 必要書類を持って自動契約機で申し込み

    自動契約機に行くとタッチパネルが設置されてるので、タッチパネルに表示されているとおりに進めていきましょう。分からない事があれば付属している電話でオペレーターに問い合わせる事ができます。

  2. 審査開始~審査結果回答

     申し込みが完了すると審査が開始されます。審査中は画面にカードローンの利用方法が表示される自動契約機もあるので目を通しておきましょう。審査が終わると画面に審査結果が表示されます。

  3. 契約~カード発行

     審査に通過できていれば、持ってきた必要書類を提出して契約を完了させましょう。契約が完了し次第カードが自動契約機内から発行されます。

  4. カードを使ってATMで借入

    発行されたカードを使って、提携ATM・コンビニATMから借入をしましょう。

    関連記事:【即日融資可能な銀行カードローンを選出|急ぎの方は要チェック!

必要書類について

基本的に身分証明書と、借入額に応じて収入証明書の提出が必要です。

種類 使える書類 備考
身分証明証 運転免許証
健康保険証
パスポート
在留カード(外国人の方)
特別永住者証明書(外国人の方)
顔が写っているものが好ましい
収入証明書 源泉徴収票
確定申告書
給与証明書
最新のものが必要

収入証明書の提出は借入額によって必要になりますが、各銀行カードローンによって提出が必要になる額は異なっています。

収入証明書の提出必要額
銀行カードローン名 最大融資額 収入証明書が必要な限度額
新生銀行レイク 500万円 100万円以上から必要
三菱東京UFJ銀行カードローン 500万円 200万円以上から必要
三井住友銀行カードローン 800万円 300万円以上から必要

大口融資を受けない限りは基本的に収入証明書の提出は不要なので気軽に利用する事が可能です。

夜間の借入の注意点

営業時間内に自動契約機で契約をした場合でも、審査内容によってはカードの発行が後日になる可能性があります。100%その場でカードを受け取れる訳では無いので注意が必要!

とはいっても、相当な理由がない限りはその場でカードを受け取る事ができるので、仕事で日中に申し込めない人は是非自動契約機を活用してみましょう。

当サイトでは銀行カードローンの基礎的な知識を分かりやすく掲載しています。銀行カードローンはどのようなものなのかを知りたい方はコチラのページも目を通してみてください。>>【銀行でお金を借りる