snowboardtop

スノーボードは最初の頃はレンタルで済ませる事が多いと思いますが、スノーボードにハマってしまえば自分のウェアやボードが欲しくなっちゃいますよね!

つい最近私もレンタルを卒業してマイウェア・マイボードを手に入れて次のスノーボードが楽しみ楽しみで仕方ありません。

ただ、道具を一式揃えてみて思ったのが・・・とにかく高い!店員さんに言われるがままに木の板1枚に10万円近いお金を支払ってしまいました。購入したあとに、もうちょっと安く揃えれば良かった・・・と若干後悔。

スノーボードのハマり具合にもよりますが、グラトリとかキッカー(ジャンプ台みたいなやつ)に挑戦しない限りは無駄に高額なボードを購入する必要はありません!(ウェアはオシャレの一貫なので高いの買ってもいいかも。)

ここではスノーボード道具を一式揃えるのに必要な費用をザッとまとめてみましたので参考にしてみて下さい!

スノーボード道具の必要費用一覧

スノーボードアイテムは大手メーカーの物や最新モデルはめちゃくちゃ高いです。実際に私が10万円出した板もscooterっていう日本のブランドで最新モデルでした。一個前の型落ちモデルが新品で40,000円で売られている事を知って愕然としています。(涙)

こういった事もあってスノーボードアイテムの平均価格を出すのは難しいのですが、スノーボード量販店で一般的に売られている道具の価格を無理やりまとめてみました!

種類 価格 最初に買うならこの価格!
スノーボード 30,000円~90,000円 30,000円~40,000円
ビンディング 10,000円~40,000円 10,000円~20,000円
ブーツ 10,000円~40,000円 20,000円~25,000円
スノボーケ-ス 0円~7,000円 最初に付いてくる物使えばOK!
お尻パット 2,000円~10,000円 5,000円~7,000円
ウェア(上) 20,000円~45,000円 25,000円~30,000円
ウェア(下) 15,000円~40,000円 20,000円~25,000円
グローブ 6,000円~15,000円 8,000円
ゴーグル 8,000円~24,000円 12,000円~15,000円
ニット帽子 2,000円~4,000円 2,000円~4,000円
防寒靴下 2,000円~5,000円 2,000円~3,000円
合計 105,000円~320,000円 134,000円~177,000円

ウェア・ボード・ブーツ・ゴーグル等のセットをレンタルすれば一回で1万円は必要になりますから、道具一式買って14回ボードにいけば元を取る事ができます。

1シーズンに14回ボードに行く事は難しいですが、1シーズンに5回ボードに行けば3シーズンで元をとれます。スノーボードは保存時に厚めにワックスを塗って保管すれば痛みを防止する事ができますから、スノーボードアイテムをきっちりとメンテナンスしてやれば3シーズンなんてへっちゃらで耐えれます。

私が知っているめちゃくちゃ上手なスノーボーダーの方は10年間スノーボードを買い換えずに乗っているそうです!

道具を揃えてしまえば、あとは交通費とリフト券と食費だけで済ます事ができますね。

スノーボードにかかる費用

項目 価格 備考
高速代 3,000円~8,000円 みんなで割れば怖くない!
ガソリン代 2,000円~4,000円 みんなで割れば怖くない!
リフト券代 3,500円~4,800円 1日券と半日券で値段変動
食事代 1,000円~1,500円 基本的には1,000円前後で済みます
駐車場代 500円~1,000円 場所によっては無料の場合も!
合計 10,000円~19,300円 4人で行けば一人あたりの費用をかなり抑えれます!

スノーボードにいくだけである程度のお金がかかりますが、交通費やガソリン代・駐車代はみんなで割るので大人数でいけばそこまでお金がかかる事はありません。

私はバスツアーでスノーボードに行くので、一回あたりのツアー費用が8,000円程度。食事券・交通費・リフト券がついていますし運転する必要もないので、気軽にスノーボードに行きたい方はバスツアーがオススメです!

バスは到着時間が遅かったり休憩時間が短かったりと様々なデメリットもありますが、疲れてヘトヘトになったあとの運転ほど苦痛なものはありませんから、その点は楽ちんですね!

スタッドレスタイヤとキャリアの費用

車をスノーボード仕様にするなら、スタッドレスタイヤとキャリアを装備しなければなりません。スタッドレスタイヤはタイヤだけなら3~4万円で購入する事ができますが、ホイール付きとなると8万円~10万円にも及んでしまいます。

キャリアもステーから装備すると3~4万円は必要になります。

大手メーカーのスタッドレスタイヤ(ホイール付き)とキャリアを装備すると合計で13~14万円は必要になリますので、自分の車をスノーボード仕様にする場合は財布としっかり相談する必要がありそうです。

スノーボードにお金が必要ならカードローン!

スノーボード道具一式が欲しかったり、車をスノーボードー仕様にしたいけどお金が無い!お金をためているうちにシーズンは終わってしまう・・・そんな悩みの方にはカードローンがオススメです。

カードローンはカードを使ってATMから好きな額を引き出したり、指定した口座に希望金額を振り込んで貰えるサービスの事で、引き出したり振り込んでもらったお金は自由に使う事ができます。

もちろん借金になるので、完済するまでは利息が発生しますが、低金利の銀行カードローンを使えば支払う利息を抑える事ができます。下記では低金利の銀行カードローンを掲載していますので活用してみて下さい。

新生銀行カードローン レイク

新生銀行レイク2000円

新生銀行レイクには30日間と180日間の選べる無利息サービスがあります。一定期間無利息で借りれるので、その間に返済してしまえば一切利息を支払う必要がありません。

しかも申し込んだその日に融資を受けれる可能性も高いので、すぐにスノーボード道具やスタッドレスがほしい方にも対応できます!

新生銀行カードローン レイク詳細ページ

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、他の銀行とくらべて低金利でお金を借りる事ができます。自動契約機もあるので即日融資も受けやすいですし、キャッシュカードにカードローン機能が搭載されるのでカードを増やす心配もありません。

メガバンクというだけで安心感も高いのでとってもオススメです!

三井住友銀行カードローン詳細ページ