MRカードローン

住信SBIネット銀行が提供するMR.カードローンは、他行カードローンを圧倒する金利と最大1,000万円の高い融資限度額で他行との違いを見せつけています。

ここでは、住信SBIネット銀行MR.カードローンと、他行カードローンの金利・限度額・サービス面を比較して、どういった点が優れてどういった点が劣っているのかを客観的にまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さい。

住信SBIネット銀行MR.カードローンの基本情報

住信SBIネット銀行MR.カードローンには、【プレミアムコース】と【スタンダードコース】の2種類のコースがあります。

  • スタンダードコース:年8.39%~14.79% 融資限度額10万円~300万円
  • プレミアムコース:年0.99%~7.99% 融資限度額10万円~1,200万円

この記事では基本的にプレミアムコースに関する情報をご紹介しています。

住信SBIネット銀行MR.カードローン

金利(年率) 融資限度額 手数料
0.99%~14.79% 10万円~1,200万円 不要
遅延損害利率 担保・保証
年20.0% 不要

銀行カードローンは最大金利が14.0%前後が平均になっている中、住信SBIネット銀行MR.カードローンは最大金利が7.99%という圧倒的な金利設定になっています。

他の銀行カードローンとの金利差は6~7%もありますから、借入額によっては数万円~数十万円の利息の差を生む事ができます。

カードローンやキャッシングは融資を受ける額が小さければ小さいほど適用される金利が最大金利に近くなるのですが、最大金利が7.99%なら10万円程度の小口融資を受けた場合でも好条件の金利でお金を借りる事ができるので、どこよりもお得に借りれる銀行カードローンと言えるでしょう!

所定の条件を満たす事で、基準金利よりも最大-1.0%の金利引き下げを受ける事も可能です。

金利引き下げ条件について

  1. 基準金利より年-0.5% : SBI証券口座を保有されている方、または住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある方
  2. 基準金利より年-1.0% : 住信SBIネット銀行のカードを所持しつつ、住信SBIネット銀行を引き落とし口座に設定されている方

申込対象者

  • 申込時の年齢が満20歳以上65歳の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 日本国内に居住されている方(外国籍者は永住権が必要)
  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有している方
アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 専業主婦 年金受給者
◯※1 ×

※1.アルバイトで安定した収入があれば申し込みが可能

※2.専業主婦の方が申込をする場合は、配偶者に安定した収入が必要になります。

住信SBIネット銀行MR.カードローンのデメリット

住信SBIネット銀行MR.カードローンは、金利・高融資額の大きなメリットがありますが、メリットだけではありません。融資が遅い等のデメリットがありますので、デメリットについて一つ一つ見ていきましょう。

住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要

MR.カードローンに申込をする場合には、住信SBIネット銀行の普通預金口座を持っていなければなりません。もし住信SBIネット銀行の普通預金口座をお持ちでない方は、MR.カードローンに申込をする際に同時に口座開設手続きをする事ができます。

ただし、口座が開設されるまでには2週間~3週間程度の時間がかかってしまいますので、急ぎでお金が必要な方にはオススメできません。

融資までに数日かかる

もし住信SBIネット銀行の普通預金口座を持っていたとしても、即日中に融資を受けれる可能性は高くありません。

申込をしてから融資を受けれるのは3~4日後になる可能性が高いので、どうしても今日中にお金を借りたい方は、素早い融資に対応したカードローンを選択した方が良いでしょう。

申込方法はインターネットのみ

住信SBIネット銀行はその名の通りネット銀行ですから、店舗窓口がありません。基本的に住信SBIネット銀行のローンはインターネットからしか申込をする事ができないのです。

他行のカードローンは、電話・郵送・窓口・自動契約機など様々な申込方法があるので、自分にあった申込方法を選択できるメリットがあります。

インターネットの利用に慣れていない方は少し敷居の高さを感じてしまうかもしれません。

専業主婦は利用できない

住信SBIネット銀行MR.カードローンは、本人に安定した収入がある事が利用の前提になっているので、本人に収入のない専業主婦の方は申込をする事ができません。

他の銀行カードローンは、基本的に専業主婦の申込に対応しているのですが、住信SBIネット銀行MR.カードローンは対応していないので残念です。

住信SBIネット銀行MR.カードローンのメリット

続いて、住信SBIネット銀行MR.カードローンのメリットについて見ていきましょう。

圧倒的な金利でお得に借りれる

住信SBIネット銀行MR.カードローン【プレミアムコース】の金利は、年2.49%~7.99%と圧倒的な金利設定になっています。

銀行カードローンは最大金利が14%前後、消費者金融は最大金利が18.0%前後が平均となっているので、住信SBIネット銀行MR.カードローンの金利の低さが目に見えて分かります。

これだけ金利差があれば、支払う利息にも大きく影響してきますので、できるだけ利息の負担を抑えたい方は住信SBIネット銀行MR.カードローンを利用する事をオススメします。

おまとめローンや借り換えローンにも使える

好条件の金利で融資限度額が高いので、おまとめローンや借り換えローンとして役立てる事も可能で、おまとめ先として選ぶのに一番オススメのカードローンと言えます!

他行や消費者金融のおまとめ専用ローンと較べてみても、圧倒的に住信SBIネット銀行MR.カードローンは好条件の

金利なので、おまとめローンに最適です。

住信SBIネット銀行と他金融機関を比較!

住信SBIネット銀行MR.カードローンのスペックと、他の銀行カードローンや消費者金融のキャッシングでは、どの面にどれだけの差があるのかを比較・検証してみました。

金利を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
0.99%~14.79% 20.00%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 14.60
消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
アコム 3.0%~18.0% 20.00%
プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.00%

表を見てみると、住信SBIネット銀行MR.カードローンの金利は他の金融機関と較べて圧倒的に低い事が分かります。ただ、遅延損害金は消費者金融同様に20.0%になっているので、返済を滞らせてしまった場合の代償は大きくなりそうです。

限度額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 融資限度額
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
10万円~1,200万円
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
10万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円
消費者金融名 融資限度額
アコム 1万円~800万円
プロミス 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円

融資限度額は、住信SBIネット銀行MR.カードローンと、みずほ銀行カードローンが最大で1,200万円とかなり高い設定になっています。融資限度額が大きければ大きいほど利用できる幅が増えますし、おまとめローンとしても活用できるので、融資限度額が低い銀行カードローンよりも便利に使う事ができます。

毎月の最低返済額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 毎月の最低返済額
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
10,000円
楽天銀行スーパーローン  3,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
2,000円
三井住友銀行カードローン 10,000円
イオン銀行カードローン 3,000円

住信SBIネット銀行MR.カードローンの毎月の最低返済額は1万円からになっています。借入残高が50万円を超える場合には2万円、100万円を超える場合には3万円、借入残高が100万円増えるごとに毎月の最低返済額が1万円づつ増えていきます。

余裕を持って返済されたい方には少し厳しい設定かもしれません。

住信SBIネット銀行MR.カードローンまとめ

圧倒的な金利設定と高い融資限度額の設定で、お得かつ様々な用途に活用する事ができる銀行カードローンになっています。

ただし、素早い融資に対応していなかったり、インターネットからしか申込ができなかったり、住信SBIネット銀行の普通預金口座が必要になったりと不便な面は他の銀行カードローンよりも多いところが難点となっています。

急ぎでお金を借りたい方にはオススメできませんが、とにかく返済負担を軽くお金を借りたい方にはオススメできるカードローンです!