就職活動に必要な資金の平均額は15万円~17万円となっていますが、学生の方や失業中の金欠状態の方が10万円を超える金額を用意するのは簡単な事ではありません。

スーツやカバン・靴を揃えるだけでも数万円が必要になりますし、面接会場への移動費もバカになりませんから、就職活動が長引いてしまうと平均額以上のお金が必要になってくる事も多々あります。特に地方に住まわれている方は都内の方と比べて倍近く就活費用に違いがあるようです。

就活費用は親が支援してくれる事がほとんどですが、中には親の支援なしで就活に挑む人もたくさんいます。もし就活資金に悩んでいるのであれば、当記事を最後までみて上手な資金調達方法を学んでみて下さい。

就活資金の内約

必要費用 金額
リクルートスーツ代 40,000円
交通費 60,000円
宿泊費 20,000円
食費 12,000円
資料費 8,000円
備品代 10,000円
口座受講費 8,500円
その他諸費用 8,000円
合計 166,500円

上記表は就活で必要な費用の平均額です。

住んでいる地域から就職活用をする地域までの距離が遠ければ遠い程、交通費・宿泊費が必要になりますので、地方のかたが東京で就職活動をするとなると20万円を超える資金が必要になる事もあります。

就活資金の調達先

就活資金の調達先は人によって異なります。全ての人が親からの援助を受けて就活をしている訳ではないので、自分だけが厳しい思いをしている・・・と疑心暗鬼になる必要はありません。

まずは、どんな人がどんな調達方法をとっているのかを確認してみましょう。

親から就活資金を援助してもらっている

一番多い就活資金の調達方法が親からお金を借りるから援助してもらうかのどちらかの方法で就活資金を調達しています。親から援助してもらえばお金に関するストレスを感じる事なく就活に臨めるので助かりますよね。

ただ、学生が親からの援助を受ける場合はスーツ選び等に親の意見が取り入れられる可能性が高くなってしまうので、ちょっと面倒な点もあるようです。

アルバイトで就活資金を調達している

就活を開始するまでにアルバイトで就活資金を貯めている方も大勢います。

中には就活をしながらアルバイトで都度都度資金を調達されている方もいますので、多少の資金不足分はアルバイトで補っていくことも可能です。

ただし、アルバイトのシフトを入れすぎると就活の活動時間が必然的に減ってしまいますので、上手に調整しながらアルバイトをする必要があります。

就活資金調達にはカードローンが超便利!

就活資金の調達方法は上記で紹介した「親の支援」と「アルバイト」が一般的ですが、実は意外と知られていない就活資金の調達方法が一つだけあります。

それは「カードローン」です。

カードローンとは、カード一枚で好きな時に現金を借りれて、最低返済額を超えさえすれば毎月好きな額だけ返済していけれる優れものです。お金の使い道は原則自由なので、当然就活資金に使う事ができます。

突発的に面接が入ってしまった時の交通費・宿泊費の調達方法としても活用できますし、就活にお金を使いすぎて生活資金が無くなってしまった時にもカードローンは活躍してくれます。

カードローンの利用対象者

カードローンは消費者金融や銀行が提供していますが、オススメは銀行のカードローンです。オススメできる理由はただひとつ、「好条件で借りれる」からです。

消費者金融・銀行共にカードローンの利用対象者に大きな違いはありません。

  • 20歳以上
  • 安定した収入を得ている
  • 過去に自己破産・債務整理を行っていない

この3つの条件さえクリアすればカードローンに申し込む事は可能です。

安定した収入という面が引っかかると思いますが、これはアルバイトをしていれば条件をクリアした事になります。正社員じゃないとダメといったルールは一切ありませんので安心して下さい。

どれぐらい利息を支払うのか

銀行カードローンの金利は最大でも年15%程度です。

例えば就活資金の不足分の3万円を金利年14.5%の楽天銀行カードローンを使って借りて30日後に返済したとすると・・・

3万円(借入額)×0.145(金利)÷365×30(借入日数)=357円(利息)

借り入れた額の3万円と利息の357円を返済すれば完済した事になります。

一ヶ月あたり357円の利息なので、60日後に完済すればには利息は合計714円、3ヶ月後なら利息合計1,071円となり、返済する期間が長引くほど利息は高くなっていきます。

ただ、就活資金の不足分程度なら数百円~数千円の利息で済ませれる事がほとんどなので、そこまで不安視する必要はありません。

カードローンは融資がスピーディー!

カードローンはインターネット上だけで契約する事が可能なので、わざわざ銀行に手続きをしに行く必要はありません。ネット上で申込・審査・借り入れ・返済の全ての手続きを完了させれるので、とっても便利です。

平日の朝方に申込をすれば素早くカードローンの利用が可能になる場合もありますし、遅くても翌営業日には融資が可能です。

緊急的に就活資金が必要な方は、是非銀行のカードローンを活用してみて下さい!

オススメの銀行カードローン

銀行カードローンは様々な銀行が提供しているので、その中から一つ自分にあったカードローンを見つけるのは至難の業です。

下記では多くの方が利用している人気の銀行カードローンをご紹介しますので、どのカードローンを選べば良いか分からない方は利用してみて下さい。

楽天銀行カードローン

rakuten
  • 実質年率 1.9%~14.5%
  • 限度額 800万円
  • お試し
  • 土日祝
  • 派遣
  • パート
  • バイト
申込条件 満20歳以上62歳までの方
継続的に安定した収入のある方
パート・アルバイト・派遣社員・自営業でも利用可能
担保・保証人 不要
月々の返済 2,000円から