新生銀行レイクは、他の金融機関よりも一足先に無利息期間のある融資を提供してきた大手銀行のカードローンです。

レイクは各方面で宣伝・広告を打っているのでほとんどの方が耳にした事があると思いますが、これだけの大手のカードローンともなればサービス面やスピード面は他行と比べて充実しています。

レイクには初回無利息融資サービス以外にも即日融資が可能であったりWeb完結対応であったりと様々なメリットがありますが、銀行のカードローンにしては金利が高いというデメリットも存在します。

今回はレイクの本当に良い面と悪い面を吟味し、他行のカードローンと比べて何処が劣って何処が優れているのかしっかりと比較してまとめていますので、どのカードローンを選べば良いのかお悩みの方は、是非当記事を参考にしてみて下さい。

新生銀行カードローン『レイク』の基本情報

金利(年率) 融資限度額 審査時間 融資時間
4.5%~18.0% 1万円~500万円 最短30分 最短40分
遅延損害利率 総量規制 担保・保証 手数料
年20.0% 対象外 不要 不要

新生銀行レイクは最大金利が18.0%と消費者金融よりの金利設定となっています。レイは新生銀行グループに属する前は消費者金融として融資を行っていました。貸付条件は消費者金融とほぼ変わらない条件になっているので、銀行で借りるというよりは消費者金融でお金を借りるという意識をした方が良いかもしれません。

申込対象者

・申込時の年齢が満20歳以上70歳以下の方
・定期的に安定した収入を得ている方
・外国籍の方は日本での永住許可を得ている必要があります

アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 専業主婦 年金受給者

借入残高別の借り入れ利率

借入残高 適用利率
1円~100万円未満 15.0%~18.0%
100万円~200万円 12.0%~15.0%
200万円超~300万円 9.0%~15.0%
300万円超~400万円 7.0%
400万円超~500万円 4.5%

新生銀行レイクでは、借入残高によって適用される利率が確定していますので、ご自身が借り入れするである金額が明確化していれば適用される利率を元に返済計画を事前に建てる事が出来るのでとても便利です。

新生銀行カードローン レイクのメリット

新生銀行カードローンのレイクの最大のメリットといえば無利息融資ですが、その他にも様々なメリットがあります。メリットについて詳しく見ていきましょう。

2種類の無利息融資サービスがある

レイクには2つの無利息期間があるのでお得に融資を受ける事が可能です。

無利息期間は30日間全額無利息180日間5万円分無利息の2種類あり、契約額が1~200万円の方であれば180日間5万円無利息サービスも選択する事が可能です。

もちろん30日間全額無利息を選択する事も可能ですので、1~200万円までの方は好きな無利息サービスを選択すると良いでしょう。

レイクには返済シミュレーションツールが用意されていますので、そのツールを活用して本当にお得に借りれる無利息サービスを選択する事をオススメします。

ローン名 30日間無利息 180日間無利息
新生銀行レイク
アコム ×
プロミス ×
SMBCモビット × ×
バンクイック × ×
みずほ銀行カードローン × ×

最短即日融資が可能

新生銀行レイクは最短即日融資が可能な銀行カードローンです。銀行のカードローンは融資時間が遅いと言われていますが、レイクは消費者金融同等の対応速度なので急ぎでお金が必要な方も安心して利用できます。

レイクには自動契約機があるので、自動契約機を使えばカードが発行されるまでの時間は最短で40分程度です。

銀行どころか消費者金融よりも素早い融資が新生銀行レイクの大きな特徴の一つとも言えるでしょう。

提携ATMなら利用手数料が無料

新生銀行レイクは提携しているATMを使って借入・返済をする際には利用手数料が無料なので気軽に利用する事が可能です。

消費者金融を使って借入する場合には、基本的に提携ATMでも利用手数料が数百円かかってきますので、借入・返済毎に手数料を支払うのは非常に煩わしいのですが、新生銀行レイクならそういった心配も無いので安心してお金を借りる事ができます。

ATM利用手数料を他ローンと比較

ローン名 ローソンATM セブン銀行ATM E.net 自社ATM
新生銀行レイク 無料 無料 無料 無料
アコム 108円~216円 108円~216円 108円~216円
プロミス 108円~216円 108円~216円 108円~216円
バンクイック 無料 無料 無料 無料

レディースレイクで女性も安心借入

金融機関からお金を借りるというと精神的にハードルの高さを感じると思いますよね。

特に女性の場合、男性スタッフが対応してきた時は圧迫感もあり戸惑ってしまう事があるかもしれませんが、新生銀行レイクは女性スタッフが対応してくれるレディースレイクという女性専用窓口を設けていますので、女性の方でも安心してお金を借りる事ができます。

ただし、通常のカードローンとレディースレイクで金利や融資時間に差はなく、あくまでも女性スタッフが対応してくれるだけのサービスですので注意していおきましょう。

 ローン名 レディースローンの有無
新生銀行レイク
アコム ×
プロミス
バンクイック ×
SMBCモビット ×

パート・アルバイト・専業主婦の方も申込可能

レイクは銀行のカードローンなので総量規制対象外となり、専業主婦の方でも申込が可能です。また、アルバイト等で定期的に安定した収入を得ていれば学生でも利用可能なので、学生からも重宝されるカードローンとなっています。

他キャッシングと申込対象者を比較

ローン名 収入のある学生 収入のある主婦 専業主婦
新生銀行レイク
アコム ×
プロミス ×
SMBCモビット ×

※上の表のキャッシングは安定した収入がある方が利用可能です。

消費者金融と近いほぼ同様の金利設定やサービス性となっているレイクですが、大きな違いといえば総量規制対象外で専業主婦でも利用できるという点となっています。

新生銀行カードローン レイクのデメリット

続いて新生銀行カードローン レイクのデメリットについて見ていきましょう。

金利が消費者金融並の高さ

新生銀行レイクの最大金利は18.0%と消費者金融と同等の金利設定となっています。消費者金融は銀行カードローンと比較してみると分かるように、かなり高い金利設定となっているので返済負担が大きくなってしまうのがネックです。

レイクは一応は銀行カードローンですが、銀行ならではの低金利は兼ね備えていませんからその点は十分に注意する必要があります。

他キャッシング・カードローンと金利と限度額を比較

ローン名 金利(実質年率) 融資限度額
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円
アコム 4.7%~18.0% 1万円~500万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
バンクイック 4.6%~14.6% 10万円~500万円
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 10万円~1,000万円

銀行カードローンは最大金利が14%代ですが、消費者金融とレイクは最大金利が18.0%と割高な設定となっている事が分かります。支払う利息を1円でも安く済ませたい方は低金利の銀行カードローンを選択した方が良いでしょう。

限度額についてはどこも最大500万円のところがほとんどですが、初めての借入で500万円を借入できるケースはほとんどありません。500万円を借入するには最低でも1,500万円ほどの年収が必要になりますし、年収があったとしても信用が無い情報では借入する事はほぼ不可能と言えます。

まずは少額で契約をしてしっかりと信用を与えた後に増額依頼をする事が大口融資の基本ステップとなります。

さいごに

新生銀行レイクは無利息期間もありますし、WEBや自動契約機・FAX・電話・郵送等の様々な申込方法もあるので利便性やお得感はあるものの、金利は消費者金融並の高さとなっているので、長期的な借入をされる場合は事前に利息がどれだけかかるのかをチェックしてから利用した方が良いでしょう。

どんな人にレイクはオススメなのかと聞かれると、新生銀行レイクをオススメできるのは専業主婦の方だと私は答えます。

何故かというと、消費者金融並のサービスを提供しているレイクなら、自動契約機コーナーを使う事でカードや書類を直接受け取る事ができるので自宅に郵送物が届く事はありません。

専業主婦の方の中には出来るだけ家族にバレずにお金を借りたいと思われている方も多いのではないでしょうか?レイク以外の銀行カードローンの場合は、基本的にカードは郵送で受け取るという形になるので、もしその郵送物を家族の方が見た場合には誰かがお金を借りようとしているのではないのか?という疑問が生まれるでしょう。

レイクであればカードを直接受け取れるのでそういった心配はありません。バレずに借りたい専業主婦にとって新生銀行レイクは非常に役立つカードローンとなるはずです。