最短30分審査

銀行カードローンは”審査が遅い”というイメージがありますが、大手の銀行カードローンなら審査回答時間が最短30分と消費者金融と変わらないスピード感を持っています。申し込み時間や申込方法に注意さえすれば、申し込んだその日の内にお金を借りる事もできます!

急ぎでお金が必要な方は、審査時間が早く即日融資に対応している銀行カードローンを選び、即日融資を受けれる申込方法を選択する必要があります。

即日融資を受ける方法

即日融資を受けるには、「平日14時頃までにWEB上で契約を完了させる」か、「自動契約機の営業時間内に契約を済ますか」の二択になります。

振込で即日融資を受けたいのであれば、平日の14時頃までにWEB上で契約を完了させて振込希望を出す必要があります。即日中に振込融資を希望するのであれば、断然インターネットからの申し込みがオススメ!

インターネットからの申し込みなら、身分証明書などの必要書類はカメラで撮影してアップロードする形式になっているので郵送する必要はありません。また、家や出先など申込場所を選ばないので、人の目を気にする必要はありませんし、店舗に足を運ぶ手間もかからない便利な申込方法です。

土日祝にインターネットで申し込んだ場合、銀行が営業していないので即日中の振込融資を受ける事ができません。しかし、自動契約機なら土日祝も営業しているので土日祝日や平日の14時以降の申し込みになる場合は自動契約機から申し込みをしてみましょう。

インターネットで申し込みをすると後日カードが自宅に郵送されるのですが、自動契約機で申し込みをすると、その場でカードが発行されるのでATMを使ってすぐにお金を借りる事ができます。

審査時間最短30分の銀行カードローン

審査回答時間が最短30分の大手銀行カードローンをリストアップしてみました。

銀行カードローン 自動契約機 金利(年率) 融資限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円

表で紹介している銀行カードローンは全て自動契約機が備え付けられているので、平日14時頃までに契約できなかった場合は自動契約機で契約する事で即日融資を受けることが可能です。

インターネットから申し込みをした場合でも条件を満たせば即日中に振込融資を受ける事ができますので、自分にあった申込方法を選びましょう。

関連記事:【即日融資可能な銀行カードローンを選出|急ぎの方は要チェック!

銀行カードローンで早く借りる方法

一例として、三菱東京UFJ銀行カードローンを使って早く借りる方法を確認しておきましょう!

赤色:自分がすること 青色:銀行がすること

◆インターネットで申し込む場合

  1. ホームページから申し込む
  2. 審査
  3. 職場への在籍確認の電話連絡
  4. 必要書類をアップロード
  5. 契約完了後に振込依頼
  6. 振込

※三菱東京UFJ銀行カードローンで即日振込みを希望する場合は三菱東京UFJ銀行の口座が必要です。また、振込先として三菱東京UFJ銀行の口座を登録する必要があるので、口座を持っていない方は即日振込み融資を受ける事ができません。

◆自動契約機で申し込む場合

  1. 自動契約機へ行く
  2. 申し込み手続きを行う
  3. 審査
  4. 職場への在籍確認の電話連絡
  5. 必要書類を自動契約機で提出
  6. 契約完了後にその場でカードを受け取る
  7. カードを使ってATMで借入

早く借りるコツ

自動契約機を設置している銀行なら、”インターネットから申し込みをして審査を済ませてから自動契約機で最終的な手続きをしてその場でカードを受け取る”という方法があります。

インターネットで申し込みをして事前に審査を完了させておいてから自動契約機に行ってカードを受け取る事で、カードの郵送を待ったり振込の時間制限に縛られることがありません。

土日祝日は即日振込みが不可能ですが、インターネットでの申し込みは土日祝日でも対応しているので、インターネット申し込みと自動契約機での契約を上手く活用すれば早くお金を借りる事ができます。

事前に審査を済ませておくことで、自動契約機内で審査を待つ無駄な時間を過ごす必要もありませんのでストレスフリーで契約できます。早くお金を借りたい方には、インターネット申し込みと自動契約機を併用して契約する事をオススメします!

各銀行の自動契約機営業時間
銀行名 自動契約営業時間
三菱東京UFJ銀行 9時~20時
三井住友銀行 9時~21時
新生銀行レイク 8時45分~24時

※各地域によって自動契約機の営業時間が異なる場合があるので注意が必要

自動契約機に持っていく書類は基本的に運転免許証などの身分証明書だけで良いのですが、借入希望額が100万円~300万円を超える場合には収入証明書も必要になります。百万円単位のある程度まとまった金額を借入したいのであれば収入証明書を忘れないように持参しましょう。

関連記事:【夜間に申し込んでも即日中に借りれる銀行カードローン

即日融資の受けやすさは消費者金融に軍配あり

ここでは銀行カードローンをメインに紹介していますが、即日融資の受けやすさを比較すると消費者金融に軍配があがります。大手消費者金融にも自動契約機はありますが、銀行よりも自動契約機の設置数が圧倒的に多く、場所によっては24時まで営業をしている所もあるので利用しやすいです。

ただし、消費者金融は銀行と比べて金利が高いので、高額な融資を受けたり長期的な返済になったりすると高い利息を支払わなければなりません。1万円~30万円程度の少額の借入なら消費者金融は十分使うことができます。

消費者金融 金利(年率) 融資限度額
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アイフル 4.5%~18.0% 1万円~500万円

アコム・プロミス・アイフルの3社に関しては初回契約者に向けて30日間無利息サービスを行っているので、短期間で返済できる方は無利息期間を活用する事で返済負担を抑えることができます。