sengyousyuhukariru02

専業主婦は夫の収入が基盤になっているので、自分のために気軽にお金を使う事はできませんよね。これは専業主婦ならではのお金の悩みと言えます。夫の収入だけでは生活する事が難しくなる場合もあるので、万が一にも備えておきたいです。

万が一の時の対応策と言えば…

  1. 親からお金を借りる
  2. 友人からお金を借りる
  3. 金融機関からお金を借りる

大きく分けてこの3つに絞られます。これらの対策方法は一つ一つメリットやデメリットがありますが、どの対策方法が一番良いと言えるのでしょうか?

専業主婦がお金に困った時に使える対策方法

専業主婦が金銭面の悩みに直面した時に使える対策方と、対策方法のメリットとデメリットについて詳しく説明してきたいと思います。

1.親からお金を借りるメリットとデメリット

金銭面の問題に直面した時に真っ先に相談できる人といえば親ですよね。

ずっと支えてきてくれた親ですから、ちょっとした金銭の事であればサポートしてくれる可能性は十分にあるはず。しかし、専業主婦が自分の親に相談するならまだしも、旦那の親に相談するとなると話が変わってきます。

親からお金を借りる事が出来れば利息を支払う必要はありませんが、せっかく親元から巣立ったのに、まだ親からお金を借りる事があるのかと自問してしまうし、申し訳無さや迷惑をかけてしまう罪悪感にも襲われてしまうはずです。

現実的に見れば親からお金を借りるのは金銭的な痛手はありませんが、精神的に辛い思いをするのではないでしょうか。

また、親からお金を借りてしまうと、お金に困った時はいつでも親に頼めば良いんだ!と安心してしまう為、計画的な生活が出来なくなったり無駄な浪費をしてしまう可能性があり、親からお金を借りる癖がついてしまう可能性もあるので、十分に注意する必要があります。

▶メリット

  • 利息がかかる可能性が極めて少ない
  • すぐにお金を借りれる可能性がある

⚠デメリット

  • 迷惑をかけてしまう
  • 申し訳ない気持ちになってしまう
  • 借り癖がついてしまう可能性がある

2.友人からお金を借りる

気を許しあった友人ならきっとお金を貸してくれるはず!そう思う専業主婦の人も多いのでは?

確かに友人なら困った時に助けてあげたいと思うのは当然の事ですが、お金になると少し違うようです。友人間でのお金の貸し借りは非常に危険で、『お金を貸して』と言った瞬間、相手の心の中では色々な変化が起きてしまいます。

私は本当に友達なのか?働いてない専業主婦にお金を貸して帰ってくるのか?どうやって断れば良いのだろうか・・・正直面倒くさい・・・。きっとこんな事が友人の頭のなかによぎるはずです。

こうなってしまった場合、いくら仲が良かった友人だとしても線引が行われて気まずい関係になってしまう可能性が非常に高いです。また、その友達が周りの友達に「◯◯ちゃんにお金貸してって言われた…」と話してしまえば、きっと周りの人からも、『お金を友達から借りる様な人なんだ』と認知されてしまう可能性もあります。

友情・信頼に亀裂を入れてまでお金を借りるべきなのか?友人からお金を借りようと思われている方は、まずこの点に注目していただき、もう一度お金の対策方法を考えなおした方が良いでしょう。

▶メリット

  • 利息がかかる可能性が少ない
  • すぐにお金を借りれる可能性がある

⚠デメリット

  • 信用を失う可能性がある
  • 友達として気まずくなる可能性がある
  • 友人の友人からの評価も下がってしまう

3.金融機関からお金を借りる

金融機関からお金を借りる場合、必要になるのは利息だけです。

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは、基本的には使用用途が問われませんので生活費にも娯楽費にも何にでも充てる事ができます。また、これらは担保や保証人が不要なので、誰かに迷惑をかける心配もありません。

最初にも伝えましたが、必要になるのは利息だけです。

利息というと、利息が膨れ上がって借金地獄に落ちてしまうんじゃないの?と心配になられる方も多いと思いますが、生活費程度なら毎月かかる利息は数百円程度です。

仮に生活費として5万円を銀行カードローンを使って借りたとしましょう。

銀行カードローンは最大金利が14%前後なので、14%と仮定して4ヶ月かけて返済する計算でいくと、利息の合計は約1,500円程度で、毎月375円の利息が必要になります。

4ヶ月で完済する予定だと、毎月たった375円の利息で5万円を借入する事ができます。

親や友人に借りてしまうと信用を失ったり、周りからの目を気にしたりする心配がありますが、カードローンを使ってお金を借りればそういったデメリットが一切ないので安心してお金を借りる事ができるはずです。

▶メリット

  • すぐにお金を借りる事ができる
  • 誰かに迷惑をかける心配が無い
  • 融資枠さえあれば困った時にいつでもATMから借りれる
  • 銀行なら安心してお金を借りる事ができる

⚠デメリット

  • 利息を支払う必要がある

どの方法を選ぶべき?

この3つの方法から選ぶとしたら、あなたはどの方法を使ってお金を借りるでしょうか。

確実に信用し合っている友人や親が居るのであれば親や友人からお金を借りる方法が手っ取り早いのですが、実際現在お金に困っている状況に陥っているので、確実に親や友人に返済していける保証はないはず。

それなら、毎月の返済額を自由に決めて返済していける金融機関からの借入を選択した方が確実だし、誰かに迷惑をかける心配も一切ないので金融機関で借りる方法をオススメします。

専業主婦は銀行でしか借りれない!?総量規制の関係

金融機関で借りる方法をオススメしましたが、収入のない専業主婦が果たして金融機関の融資の審査に通過出来るかどうかという問題が出てきます。

ここで重要となるのが、『総量規制』です。

総量規制を簡単に説明すると、”賃金業者は借り手の年収の3分の1を超える金額のお金を貸し付けてはならない”という法律で、その備考には、”収入のない専業主婦(主夫)が借入する場合は配偶者の同意書と収入証明書の提出が義務付けられている”となっています。

専業主婦がプロミスやアコムなどの消費者金融から借入するとなると、配偶者の同意書と収入証明書を提出しなければなりません。

書類が増えるという事は消費者金融側も書類処理をするのに手間と時間がかかるので、アコム・プロミス・モビット等のスピード融資を売りにしている大手消費者金融は専業主婦の申込を断っているのです。

では、どこからお金を借りれば良いのか?実は銀行のカードローンであれば配偶者の同意書や収入証明書の提出は義務付けられていないので専業主婦でもお金を借りる事ができます。

そもそも銀行は賃金業者扱いにならない為、総量規制の対象外となるので年収の3分の1を超える額でも借入ができます。自由度が高い上に銀行カードローンなので低金利でお金を借りれる、まさに専業主婦にとって助け舟となるローンといえるでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンは専業主婦にオススメ!

banqhed

金利 融資限度額 審査時間
年1.8%〜14.6% 10万円~500万円 最短30分

三菱東京UFJ銀行カードローンは金利が最大で14.6%と低金利の設定を実現しており、審査時間も最短で30分、WEB完結申込にも窓口申込にも対応している消費者金融と銀行の良いとこ取りをしたハイクオリティなカードローンです。

公式サイトでも謳っていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンは専業主婦の方でも利用可能なカードローンとなっているので、専業主婦の人も安心して申込する事が可能です。

借入や返済は提携コンビニATMからできるので、近くのコンビニにあるATMを使えばいつでもどこからでもお金を借りる事が可能。ATM利用手数料は基本的に0円なので、ATM利用毎に煩わしい手数料を取られる心配もありません。

三菱東京UFJ銀行カードローンに関する情報は別ページにて掲載しているので、専業主婦の人でお金を借りようと思われている人はこちらも参考にしてください。

三菱東京UFJ銀行カードローン詳細ページ