セブン銀行は、セブン&アイホールディングスが設立した銀行だ。コンビニATMのサービスを主軸に経営しているが、セブン銀行にはカードローンも存在する。

セブン銀行カードローンは他の銀行カードローンと比べて融資額が少額に設定されていますが、少額でありつつも低金利で借りれる特徴があります。コンビニATMを使って借入・返済できるカードローンなので、すぐ近くにあるセブン銀行を活用する事で便利に使う事ができますね!

このページでは、セブン銀行カードローンに関する基本的な情報と、他行カードローンと比較した結果をまとめてみました。

セブン銀行カードローンのスペック

金利(年率) 融資限度額 審査時間 融資時間
 15.0% 10万円~50万円 最短10分 最短即日
遅延損害利率 総量規制 担保・保証 ATM手数料
規定なし 対象外 不要 無料

申込対象者

  • 申込時点での年齢が満20歳以上70歳未満の方
  • 安定的・継続的な収入を得ている本人
  • アコム株式会社の保証を受けれる方
アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 年金受給者

セブン銀行カードローンの特徴

  • 審査時間は何と最短10分
  • 職場への在籍確認の電話が無い
  • 専業主婦も借入可能

セブン銀行の大きな特徴はこの3つです。

審査時間最短10分の凄さ

まず、審査時間の速さはどの銀行カードローンと比べてみてもピカ一!基本的に銀行カードローンや消費者金融は審査時間が早くても30分ですが、セブン銀行カードローンの審査時間は何と驚きの最短10分!他のカードローンには無い最大の特徴となっています。

とにかく早くお金を借りたい人にとって審査時間は非常に重要な項目になるのですが、10分という速さなら確実に安心して申込む事ができますよね。

ちなみに最短10分で審査結果を知れるのは平日9:00~20:30の間に申し込んだ場合と、土日祝の9:00~15:30の間に申し込んだ場合に限られます。この時間外に申込をすると翌営業日以降の回答になるので、申込日や時間に注意しましょう。

職場への在籍確認の電話が無い

銀行カードローンは基本的に職場への在籍確認を行っていますが、セブン銀行の場合は在籍確認の電話をかけるステップがありません。融資限度額の低さからなのか、その辺りのハードルがかなり低くなっているようですね。

しかし、申込者の状況によっては職場への在籍確認を行う場合があるので確実に電話が無い訳ではなさそうです。また、在籍確認がないといっても無職の人は利用できません。

本人または配偶者に安定した収入がある方しか利用する事ができないので、その点も注意して下さい。

ちなみに、大手消費者金融のSMBCモビットも一定の条件を満たす事で電話連絡無しで契約する事が可能です。SMBCモビットはセブン銀行カードローンと違い、最大800万円の融資額に対応しているので、セブン銀行カードローンの融資額では足りない場合に検討してみて下さい。

電話連絡無しで借りれるカードローンについて触れている記事もあるので、そちらも参考にして下さい

電話連絡無しで借りれるカードローンとは!?
こちらのページでは通常必要な電話連絡を無しにして借りれるカードローンをご紹介しています。

関連記事:電話連絡無しで借りれる銀行カードローンとは

専業主婦でもセブン銀行カードローンは利用可能

セブン銀行カードローンは銀行のカードローンになるので総量規制対象外にあたります。

総量規制対象外って何?
総量規制対象外について分かりやすく解説しています。総量規制対象外について知って上手に借入しましょう!

関連記事:総量規制解説まとめ

総量規制対象外になれば専業主婦でも配偶者の同意書や婚姻証明書の提出無しでカードローンに申し込むことが可能です。消費者金融の場合は総量規制の対象になるので、基本的に専業主婦は申し込む事ができないので注意しましょう。

ちなみに、総量規制の対象になった場合、借り入れできる額は年収の3分の1までと制限されます。

セブン銀行カードローンのココがダメ

  • 利用限度額が低い
  • セブン銀行ATM以外は手数料がかかる
  • 口座が無ければ融資に時間がかかる

利用限度額に低さについて

セブン銀行カードローンの利用限度額は最大で50万円です。他の銀行カードローンの最大利用限度額を見てみると最低でも500万はありますし、中には1,000万円まで貸し付けを行っている銀行カードローンもありますね。

銀行カードローンは総量規制対象外になるので利用限度額が高くても利用し易いメリットがありますが、セブン銀行カードローンは総量規制対象外である良さを引き出す事が出来ていません。

ただ、ちょっとした買い物や生活費程度に使うのであれば50万円もあれば十分ですね!

ATM利用手数料無料はセブン銀行のみ

セブン銀行のATMで借入・返済した際には手数料が無料ですが、セブン銀行ATM以外で利用した場合は手数料がかかるデメリットがあります。セブンイレブンは全国各地に数多くありますが、近所にセブンイレブンがない人も居るので、そういった方にはあまりオススメできません。

即日融資には口座が必須

セブン銀行カードローンを使って即日融資を受けるには、セブン銀行の預金口座が必ず必要になります。

もし口座を持っていなかった場合、口座を開設してから融資を受ける形になるので、1~2週間はみておかなければなりません。とくに急ぎではないなら問題ありませんが、今日中にお金が必要!といった方にはオススメできません。

セブン銀行と他社カードローンを徹底比較

セブン銀行カードローンと他行カードローン・他キャッシングのスペック面を比較した結果を見ていきましょう。

金利を他キャッシングと比較

銀行カードローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
セブン銀行カードローン 15.0% 無し
消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
アイフル 4.5%~18.0% 20.00%
プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
アコム 3.0%~18.0%  20.00%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.00%
銀行カードローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
2.49%~7.99% 20.00%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
みずほ銀行カードローン
2.0%~14.0% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
4.5%~14.6% 14.60

セブン銀行カードローンの金利は15.0%の固定金利です。融資限度額が最大50万円という事もあり、金利の振り幅はありません。ただ、少額融資を受けた場合でも15.0%という低金利で借りれるので、消費者金融よりかは断然お得ですね。

また、セブン銀行カードローンには遅延損害金が規定されていないのも特徴的です。

限度額を他行・他消費者金融と比較

銀行カードローン名 融資限度額
セブン銀行カードローン 10万円~50万円
消費者金融名 融資限度額
アイフル 1万円~500万円
プロミス 1万円~500万円
アコム  1万円~800万円
SMBCモビット 1万円~800万円
銀行カードローン名 融資限度額
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
10万円~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円

他の銀行カードローンやキャッシングと比べて融資限度額は低めです。限度額が低ければ大きな買い物にも利用できないし、おまとめローンとしても活用する事ができないので少し残念です。

ただ、使いすぎてしまう心配がある方にはオススメのカードローンです。

セブン銀行カードローンはこんな人にオススメ!

融資額の低さがネックにはなりますが、使いすぎる心配が無いのでその点は安心して使える銀行カードローンです。ちょっとした買い物や生活費にあてる程度になら十分に活用できますね。

また、審査時間も最短で10分とかなりスピーディーなので急ぎの方のオススメ!

在籍確認の電話もないので、職場にカードローンを利用する事がバレるのが怖い方や、事情で在籍確認の電話を避けたい方にはオススメです。