クレジットカードやカードローンには「リボ払い」という支払い方法があるのですが、リボ払いの仕組みを知らないまま乱用してしまうと、後々大変な事になる可能性があります。

仕組みを理解して正しく利用すれば便利な支払い方法になるので、リボ払いをあまり理解していない方は当記事でリボ払いの仕組みやメリット・デメリットについてしっかりと学び、本当に自分に必要な支払い方法なのかを確認してからリボ払いを利用してみて下さい。

リボ払いの基本的な知識

リボ払いの「リボ」とはリボルビングの略称で、リボルビングとは「回転する」の意味合いがあり、拳銃のリボルバーにも同じ意味が込められています。

リボ払いを簡単に説明すると、毎月一定額を数回に分けて支払っていく支払い方法の事を指します。分割払いと似ていますが、リボ払いと分割払いは似て非なるものがあります。

分割払い支払い回数を予め指定して支払っていく方法、または一件一件の物に分割払いを指定するので、一件ごとに分割回数が違い一件ごとに返済期間が異なる

リボ払い支払い金額を予め指定して支払っていく方法、またはリボ払いで別件の物を使い購入しても月の支払額は変わらず返済期間が増える

リボ払いの場合、指定されている毎月の最低支払金額を超えていればいくらでも繰り上げ返済をしていく事が可能です。月々の最低支払金額が1,000円だとすれば、当月は1,000円払い、翌月には3,000円払う、といった自由なスタイルで返済してく事ができるメリットがあります。

分割払いの場合、返済回数を予め決めて返済していくので、お金に余裕が無い月でも無理して支払う必要があり、綿密な計画性が求められます。その点リボ払いは毎月の返済額に融通が効くので便利ですね!

リボ払いの金利について

クレジットカードの金利は会社によって異なりますが、大体のクレジットカードの金利が年利15.0%に設定されています。

『年利15.0%』というのは、1年間でかかる金利が15.0%という事になるので、1年かけずに完済してしまえば15.0%以下の金利に抑える事ができるのです。

年率15.0%という事は、15.0÷12=1.25になるので、毎月1.25%の金利が適用されるという事ですね。

  • 1ヶ月:1.25%
  • 2ヶ月:2.5%
  • 3ヶ月:3.75%
  • 4ヶ月:5%
  • 5ヶ月:6.25%
  • 6ヶ月:7.5%
  • 12ヶ:15.0%

カードローンやキャッシングに関しては会社によって細かく金利が設定されているので、クレジットカードを選ぶ時よりも金利をしっかりと比較して慎重に選ぶ必要があります。

リボ払いの種類

リボ払いには種類があるのですが、クレジットカード・カードローンのリボ払いは『元利定額リボルビング方式』・『元金定率リボルビング方式』・『残高スライドリボルビング方式』の3種類が主流となっています。

リボ払いの種類によって若干支払う金利手数料が異なるので、各リボルビング払いの仕組みを覚えておくと、どのリボ払いがお得なのかを知る事ができます。

ちなみにリボ払いの種類は各会社が決めているので自分で指定する事はできません。クレジットカードやカードローンに申し込む前にリボ払いの種類が何なのかを確認してから申込をしましょう。

では、主流となっている3種類のリボルビング方式の違いについて見ていきましょう。

元利定額リボルビング方式と

元利定額リボルビング方式とは、毎月元金と金利手数料を合計した一定金額を支払っていくリボ払い方式です。

例えば、5万円を借りて毎月1万円ぴったり返済していく場合は、その1万円の中に元金と金利手数料が含まれている事になります。なので、毎月1万円づつ返済していっても5ヶ月では元金を返済する事はできませんので、6ヶ月目にも返済する必要があるのです。

その様子を下記の表で確認していきましょう。

支払月 返済残高 元金 金利手数料 月々の支払額
1ヶ月 5万円 9,375円 625円 10,000円
2ヶ月 40,625円 9493円 507円 10,000円
3ヶ月 31,132円 9,611円 389円 10,000円
4ヶ月 21,521円 9,731円 269円 10,000円
5ヶ月 11,790円 9,853円 147円 10,000円
6ヶ月 1,937円 1,937円 24円 1,961円
合計 50,000円 1,961円 51,961円

元利定額リボルビング方式で毎月10,000円づつ返済していった場合でも、元金が毎月10,000円づつ減る訳ではないので、最終的に残った元金と金利手数料を6ヶ月目に支払う必要があるという訳です。

元金定額リボルビング方式とは

元金定額リボルビング方式は、元金と月々の元金に沿った金利手数料を上乗せした金額を毎月支払っていくリボ払い方式です。例えば5万円を借りて毎月1万円を返済していく場合は、毎月元金1万円+毎月元金に沿った金利手数料を月々返済していく必要があります。

元金定額リボルビング方式で年率15.0%で5万円を借りて、毎月1万円づつ返済していくと次の表のようになります。

支払月 返済残高 元金 金利手数料 月々の支払額
1ヶ月 5万円 10,000円 625円 10,625円
2ヶ月 4万円 10,000円 500円 10,500円
3ヶ月 3万円 10,000円 375円 10,375円
4ヶ月 2万円 10,000円 250円 10,250円
5ヶ月 1万円 10,000円 125円 10,125円
合計 50,000円 1,875円 51,875円

毎月の支払額は金利手数料を上乗せした金額になっていますので、返済期間は5ヶ月に収めれるので、元金定率リボルビング方式よりも金利手数料が少ない事が分かります。

ただ、手数料を上乗せした額を毎月返済していくので、元利定額リボルビング方式よりも完済期間が短い分、返済負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

残高スライドリボルビング方式とは

残高スライドリボルビング方式とは、元金定率リボルビング方式と元利定額リボルビング方式をかけあわせたリボ払い方式です。

残高スライドリボルビング方式では、借入残高によって毎月の最低返済額が決まってくるので、完済に近づくほど月々の返済額が減っていくシステムになっています。

例えば、10万円の残高の場合は最低返済額が10,000円、5万円の残高に達した時には最低返済額が5,000円・・・と調整されていきます。

月々の返済額が徐々に減っていく事で楽そうに見えるのですが、最低返済額だけを返済していくと元金が中々減らず完済までの道のりが遠くなっていってしまうので、最低返済額が少なくなってきた時こそ多めに返済していった方が良いでしょう。

リボ払いの良い所と危険な所

リボ払いは分割払いと違って毎月余裕のある返済を行う事ができます。

最低返済額さえ超えていれば繰り上げ返済も可能なので、余裕のある月にはどんどん返済していく事も可能です。

会社によっては繰上げ返済に手数料がかかる場合もありますが、カードローンやキャッシングは基本的に繰上げ返済の手数料は無料なので、自由に返済していける強みがあります。

ただ、リボ払いは毎月の返済額を小さくできる所に落とし穴があり、最低返済額だけ返済していくと元金がほとんど減らず、中々借金を返済出来ないという悩みに陥ってしまうのです。

リボ払いで失敗しないためには、毎月の返済プランをしっかりと練って、余裕が出来た時には率先して繰上げ返済をしていく事が重要になっているのです。

楽天銀行カードローンが好条件でオススメ!

カードローンで失敗しないために重要なのは金利の確認です。

下記で紹介している楽天銀行カードローンは、クレジットカードの年15.0%の金利よりも条件が良い年1.9%~14.5%の金利でお金を借りる事ができますし、残高スライドリボルビング方式なので無理なく返済していく事ができるのでオススメです!

楽天銀行カードローン

rakuten
  • 実質年率 1.9%~14.5%
  • 限度額 800万円
  • お試し
  • 土日祝
  • 派遣
  • パート
  • バイト
申込条件 満20歳以上62歳までの方
継続的に安定した収入のある方
パート・アルバイト・派遣社員・自営業でも利用可能
担保・保証人 不要
月々の返済 2,000円から