inuhiyou

犬を飼いたい方の一つの悩みは「費用」ではないでしょうか?

はじめに言っておきますが、犬を飼うにはお金の余裕が必要です。お金が無ければ満足も餌もやれず、病気になっても病院につれていく事もできません。

犬を飼うには食費だけでは無く、ペットシーツ代から予防接種・予防薬・健康診断代も定期的に必要になりますので、犬を飼う事は決して甘くありません。

その点を重々理解されている方は、この記事で紹介する犬を飼う必要費用のまとめを読み進めてみて下さい。

犬を飼うのに必要なお金

犬を飼うには、ワクチン接種や狂犬病予防注射などの初めに必要になるお金と、餌代やペットシーツなどの定期的に必要になるお金の2種類あります。

初めに必要になるお金だけでも約6万円は必要になりますので、犬を購入したお金とは別に用意しておかなければなりません。

初めに必要になるお金

種類 小型~中型犬 大型犬 備考
畜犬登録 2,000~4,000円 2,000~4,000円 自治体によって差額あり
狂犬病予防注射 3,500円 3,500円 年一回で一律
健康診断 2,000~5,000円 2,000~5,000円 診断内容によって差額あり
混合ワクチン接種 8,000円 8,000円 2回打つので実質16,000円
小屋・トイレ・器・リード他 30,000円 40,000円 環境や犬の大きさによって差額あり
合計 45,500円~
50,500円
55,500円~
60,500円

私が初めて犬を飼おうと思った時は、「餌代とペットシーツ代ぐらいで良いだろう」と思っていたのですが、実際に犬を飼うとなると想像以上のお金が必要になる事が分かりました。

畜犬登録って何?混合ワクチンって何?と最初は分からない事が多いと思うので、一つ一つ見ていきましょう。

畜犬登録

畜犬登録とは、「飼い主が飼った犬を責任を持つ」という内容のある登録を行う事です。

生後90日を過ぎると狂犬病予防注射を受ける必要があり、その注射を受けた30日以内に役所もしくは保健所で畜犬登録を行う必要があります。飼い主の住所が変わる場合は再度畜犬登録をしなければなりませんので注意しましょう。

畜犬登録の逆として廃犬届けもあります。犬を譲ったりする際に廃犬届けを行う必要があり、譲ってもらった新しい飼い主は畜犬登録を行う必要があります。

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射とは、日本の狂犬病予防法によって年に1回受ける事が義務付けられています。狂犬病予防注射をするには畜犬登録も必要になりますので、畜犬登録が住んでいない方は各自治体に問い合わせて畜犬登録を行いましょう。

集団接種または病院で予防注射を受ける事ができますが、病院で予防注射を受ける場合は予防接種をした証明書を保健所に提出しなければなりません。

混合ワクチン接種

混合ワクチン接種は、狂犬病予防注射と違って義務付けられていないので、飼い主の任意によって打つかどうか決めます。

混合ワクチンには基本的に5種類のワクチンが混ぜられていて、最低限接種するべきワクチンが入っています。

  1. アデノウイルスI方感染症
  2. アデノウイルスⅡ方感染症
  3. ジステンバーウイルス感染症
  4. パラインフルエンザ感染症
  5. パルボウイルス感染症

子犬の時に打つ混合ワクチンは、生後60日を過ぎてから1回と、生後100日を過ぎてからの1回打ちます。ワクチン接種のタイミングがイマイチ分からない方は、動物病院に行って相談してみると良いでしょう。

成犬になっても年1回で混合ワクチンを任意で打ちますが、現在では3年に1度に見直されているようです。

定期的(毎年)に必要になるお金

種類 小・中型犬 大型犬
食費(おやつ含) 42,000円 80,000円
ペットシーツ 12,000円 17,000円
おもちゃ 10,000円 20,000円
狂犬病予防接種 3,500円 3,500円
混合ワクチン接種 8,000円 8,000円
フィラリア予防薬 8,000円 11,000円
ノミダニ予防薬 10,000円 12,000円
健康診断費用 4,000円 4,000円
合計 97,500円 148,300円

犬を飼うと毎年に10万円~15万円のお金が必要になってしまいます。

節約できる点といえば、おもちゃは100円均一で購入する点ぐらいしかありません。ペットフードは犬ごとに合う合わないがありますので、安いペットフードが合えば良いのですが、中には高価なペットフードしか合わない犬も居ますので、その点は運まかせな面もあります。

その他必要になるお金

種類 1回あたりの費用
トリミング 5,000円~10,000円
病気・怪我の治療費 3,000円~50,000円
しつけ教室 5,000円~7,000円
去勢手術 20,000円~45,000円

私が飼っている犬はボストンテリアで毛が常に短いのでトリミングの必要はありませんが、毛が伸びる犬はトリミングをしなければなりません。1回あたりのトリミング費用は5,000円~10,000円です。

購入店でトリミングをすれば割引を受けられる可能性もありますので、トリミング費用を抑えたい方は購入店にお願いするか、インターネットや口コミで安いお店を見つけてみましょう。

病気や怪我の治療費に関しては内容によって費用が上下します。犬がなりやすい乳腺癌になると、癌の除去手術費用とペットホテルへの宿泊費用が発生してしまうので、約5万円は必要になります。万が一の事を考えてペット保険に加入しておくと良いでしょう。

去勢手術に関してですが、オスの場合は20,000円~25,000円、メスの場合は25,000円~45,000円の手術費用が必要になります。去勢手術をしておけば乳腺癌の発症率を下げる事ができますので、不安な方は去勢手術をしておくと良いでしょう。

怪我や病気で手術費用が突然必要になったら?

ペット保険に加入していれば保険代がおりてお金を払う必要がありませんが、まだペット保険は普及途中という存在で加入されていない方が多いです。

実際に骨折したり癌になって手術が必要になって数万円のお金が突発的に必要になる時がありますが、カツカツの生活をおくっていれば当然支払う事はできませんよね。

もし突然手術費用が必要になってお金が無い時にはカードローンがオススメです。カードローンで借りたお金は利用用途が問われていないので、手術費用や犬の餌代にあてることも出来ます。カードローンに契約しておけば、犬を育てていく上で万が一の時に対応できるのでオススメです!

下記では犬を育てるうえでぴったりな人気のカードローンを選抜してご紹介していますので参考にしてみて下さい。

三菱東京UFJ銀行カードローン

バンクイック小

三菱東京UFJ銀行カードローンは申込をしたその日の内に融資を受けれるスピーディーなカードローンです。

金利は年1.8%~年14.6%と銀行ならではの低金利設定なので他のカードローンと比べて返済負担が圧倒的に軽いのも魅力的ですね。メガバンクが提供しているカードローンというだけで信頼感もありますし、入会費や年会費も一切かからないので持っておくだけなら一切お金がかかりません!

コンビニATMを使って借入や返済もできますし、ATM手数料は無料なので無駄にお金を払う必要がありません。

三菱東京UFJ銀行カードローンに関してはコチラ

新生銀行カードローン レイク

新生銀行レイク2000円

新生銀行カードローン レイクは、初めて契約される方は30日間全額無利息か、180日間借入額の内5万円無利息かの選べる無利息サービスを受ける事ができます。

レイクは全国各地に自動契約機を設置しているので申込がし易いですし、インターネットから申込をした場合も最短即日融資が可能になっています。他の銀行カードローンに比べてスピーディーな融資が特徴となっていますので、急ぎでお金が必要な方は新生銀行カードローン レイクの利用をオススメします!

新生銀行カードローン レイクに関してはコチラ