いま住んでいる家をオール電化にリフォームしたいと考えられているかたは多いと思いますが、一番の悩みは「リフォーム費用」ですよね。

オール電化リフォームをする際にかかる費用は一般的に60万円~100万円前後と言われています。リフォームにかかる費用が大きいので、ローンを組んでリフォーム費用を支払うご家庭が多いのですが、ローンの組先を間違ってしまうと支払う利息が膨らんでしまう危険性があります。

せっかくオール電化にして毎月の光熱費を軽減できても、ローンの利息で光熱費の軽減分を無しにするのは勿体無いですよね。

ここではオール電化リフォームのローンは何処で組むべきなのか、オール電化リフォームの内約はどうなっているのか等についてご紹介しています。

オール電化ってなに?

従来はお湯を出したり空調をきかす際に使うのはガスでしたが、ガスを使用せずに全てを電気で賄えるようにする事をオール電化と呼びます。

オール電化リフォームで一番の大作業になるのは、ガスコンロをIHクッキングヒーターに取り替える作業と、ガス給湯を電気温水器に取り替える作業です。最近では電気料金が安い深夜電力を使って湯沸かしをする「エコキュート」が人気になっていますよね。

エコキュートにすれば光熱費が一目瞭然に変わってくるので人気の電化リフォームになっているようです。

ソーラーパネルを設置すれば、日中は太陽光発電で電気を賄えますし、深夜はエコキュートでお湯を沸かす事も可能で、ソーラーパネルで蓄電した電気が余った場合には売電もできるので光熱費を大幅に削減することが可能です。

オール電化のメリットとデメリット

オール電化にする事で発生するメリットとデメリットについて簡単にまとめてみました。

オール電化のメリット

  • 電気一本化でガス基本使用料が不要になる
  • 災害時でも電気の復旧はガスより早い
  • 空気汚染や火災などの安全性に優れている
  • オール電化契約で電気料金を半額にできる(電気会社による)
  • 調理器具の清掃が簡易化する
  • 太陽光発電と併用する事で光熱費を大幅に削減できる

オール電化のデメリット

  • 調理時に火力不足を感じる事がある
  • 貯湯タンクを設置しなければならない
  • IHクッキングヒーター専用のキッチン用品を揃える必要がある
  • 停電した際に何もできなくなる
  • 太陽光発電に頼った場合、雨天時にお風呂のお湯が温まらない

オール電化にした場合には、これらのメリットとデメリットが発生します。まずはメリット・デメリットを把握してから本当にオール電化にする必要があるのかどうかを見極める必要があるようです。

「オール電化にしてからお湯が温まらなくて不便になった」という声はよく耳にしますので、リフォームする際にはリフォーム先としっかり相談しながらオール電化を進めていきましょう。

オール電化のローンはどこで組むべき?

オール電化リフォームをする場合に現金一括払いをされる方はほとんどおらず、リフォームをしてくれる会社が提供している信販会社のリフォームローンを利用する事がほとんどです。

ただ、信販会社のリフォームローンは金利が高いので支払う利息が膨れがってしまう可能性があります。リフォーム会社が提供している信販会社といえばオリコやジャックス等の大手信販会社ですが、この2社のローンは比較的金利が高いものになっています。

そこでオススメできるのが銀行のローンです。実際に銀行のリフォームローンとオリコのリフォームローンの金利を比較して違いを確認してみましょう。

リフォームローン名 金利(実質年率) ローン可能額
オリコ リフォームプラン 4.8% 10万円~500万円
住信SBIネット銀行 MR.リフォームローン 2.475%~4.475% 10万円~1,000万円
三菱東京UFJ銀行 ネットDEリフォームローン 1.99%~2.875% 50万円~1,000万円
イオン銀行リフォームローン 2.45% 最大500万円

この比較表を見てもらうと分かるように、オリコのリフォームプランは4.8%の固定金利ですが、大手銀行のリフォームローンを見てみると最低金利が1.99%から最大金利が4.4.75%という低金利設定になっています。

住信SBIネット銀行カードローンの最高金利はオリコリフォームプランに近いものがありますが、ローン金額が大きかったり、所定の条件を満たす事で2.475%の金利に近づける事ができます。

イオン銀行リフォームローンに関しては2.45%の低金利の固定金利になっているので、安心してリフォームローンを組む事ができますね。

リフォームローンの金利の高さが気になるかたは銀行のリフォームローンを検討してみてはいかがでしょうか。

銀行でお金を借りる