オリックス銀行カードローン

オリックス銀行はネットバンクなので店舗・窓口が無いので、基本的にネットからの利用になる。オリックス銀行が提供しているカードローンは最大融資限度額が800万円とかなり高めに設定されている特徴があり、限度額の高さから様々な場面で活用できるだろう。

ここでは、オリックス銀行カードローンに関する基本的な情報や、他行のカードローンと比較してどのような違いがあるのかを検証してまとめてみたので参考にしてほしい。

オリックス銀行カードローンの基本情報

金利(年率) 融資限度額
1.7%~17.8% 最大800万円
遅延損害利率 担保・保証 手数料
不要 不要

申込対象者

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
  • 毎月安定した収入のある方
  • 日本国内に在住している方(外国の方は永住権が必要)
アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 年金受給者

※学生や主婦が利用する場合にも本人に毎月安定した収入が必要

オリックス銀行カードローンのメリットとデメリット

オリックス銀行カードローンには様々なメリットとデメリットがある。下記ではオリックス銀行カードローンのメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみた。

オリックス銀行カードローンのデメリット

まずはオリックス銀行カードローンのデメリットについて見ていこう。

消費者金融並に金利が高い

オリックス銀行カードローンの最大金利は17.8%だが、この金利は消費者金融に近い金利になっている。銀行カードローンの最大金利は14.0%前後、消費者金融の最大金利は18.0%が平均的になっている。

銀行カードローンは低金利で利用できるメリットがあるのだが、オリックス銀行カードローンは低金利とは言えないので銀行カードローンの良さをあまり実感する事が出来ない。

10万円程度の少額融資を受けるのであれば金利が高くてもそこまで影響は無いが、100万円単位の大口融資を受ける場合には低金利のローンを選択した方が良いだろう。また、長期返済になる場合も金利が大きく影響してくるので、返済期間が長くなる場合には低金利の銀行カードローンを選択した方が良い。

融資時間が遅い

実際に融資を受けれるのは3~5日後になる事が多いので、今日中にお金が必要な方にはあまりオススメできない。

どうしても急ぎでお金が必要な場合は、審査時間・融資時間の早い消費者金融や、新生銀行カードローン レイクのような融資速度に特化した銀行カードローンを選択した方が良いだろう。

オリックス銀行カードローンのメリット

続いてオリックス銀行カードローンのメリットについて見ていこう。

最大融資限度額が800万円と高めに設定

オリックス銀行カードローンの融資限度額は800万円とかなり高めに設定されている。銀行カードローンは最大融資限度額が500万円のところが多いが、800万円と高めに設定されていれ余裕を持って利用する事ができる。

ただし、最初から800万円満額を借りる事はほぼ不可能なので注意が必要だ。大口融資を受けたい場合はカードローンに契約をして利用実績を作ってから増枠審査を受けて増枠してもらう必要がある。

ATMの利用手数料が無料

全国にある提携ATMは約10万台程度あるので、どこからでも利用する事ができる上に、ATMの利用手数料が無料なので借入・返済時に負担を感じる事がない。消費者金融は基本的にATMの利用手数料が有料なので、それを考えると嬉しいサービスだ。

オリックス銀行カードローンと他金融機関を比較

次に、オリックス銀行カードローンと他行カードローンの金利や融資限度額を比較してみた結果を見てみよう。

金利を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0 19.90%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 14.60
消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
アコム 3.0%~18.0% 20.00%
プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.00%

銀行カードローンの最大金利は14.0%前後になっているが、オリックス銀行は銀行カードローンの中でも一番高い金利設定になっている。消費者金融の最大金利は基本的に18.0%だが、プロミスは17.8%とオリックス銀行カードローンと同様の金利に設定してある。

この比較表を見て分かるように、オリックス銀行カードローンは決して低金利のカードローンとは呼べなさそうだ。

限度額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 融資限度額 金利(実質年率)
オリックス銀行カードローン 最大800万円 1.7%~17.8%
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円 2.0%~14.0%
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円 1.9%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円 1.8%~14.6%
消費者金融名 融資限度額 金利(実質年率)
アコム 1万円~800万円 3.0%~18.0%
プロミス 1万円~500万円 4.5%~17.8%
SMBCモビット 1万円~800万円 3.0%~18.0%

オリックス銀行カードローンの最大融資限度額は800万円と高めに設定されている。みずほ銀行も同様に高い融資限度額を実現しているが、オリックス銀行に関しては金利が高めに設定されているので、金利条件が良く融資限度額も高いみずほ銀行カードローンはかなり好条件で借りれる銀行カードローンという事が分かる。

オリックス銀行カードローンまとめ

オリックス銀行カードローンは、どちらかというと消費者金融の感覚で利用した方が良いだろう。しかし、消費者金融には即日融資が可能であったりサービスが充実してあったりと様々な特徴があるが、オリックス銀行カードローンは金利が高いうえに融資も遅くサービスもあまり充実していない。

そういった事を考えるとオリックス銀行カードローンを選ぶメリットはあまり無いと感じる。お得に借りるのであれば低金利の銀行カードローン、スピーディーに借りたいなら消費者金融のキャッシングを選択すると良いだろう。