おまとめローンメリットデメリット

おまとめローンは復数の借金を一つにまとめるローンの事です。復数の借金を一本化する事で返済の手間や返済負担を減らす事ができるので上手に活用すれば様々な恩恵を受ける事ができます!しかし、中にはおまとめローンを組んだ事で返済総額が逆に増えてしまった人も居るのです。

おまとめローンで失敗しないためには、正しい知識とメリット・デメリットをしっかりと把握しておく事が重要になります。

この記事ではおまとめローンに関するメリットとデメリットについて触れているので、おまとめローンを検討している人は当記事の情報を活用してみて下さい。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンには様々なメリットが存在します。まずはメリットについて解説していきます。

メリット

  • 金利条件の良いローンに乗り換えれる
  • 返済総額を減らせれる
  • 月々の返済額を見直せれる
  • 毎月の返済日を一つにまとめれる
  • 借入額が大きくてもまとめれる可能性がある
  • 返済のストレスを軽減できる

おまとめローンは複数社の借金を一つにする事で返済の手間を軽減する事ができますが、今借りている金融業者よりも良心的な金利の銀行でおまとめローンを組めば支払う利息を減らす事ができて返済総額を減らすことができます。

返済総額を減らす事がおまとめローンの最大のメリットでもありますが、その他にも様々なメリットがあります。複数社から借入していると毎月借りている業者の数だけ返済しなければなりませんが、おまとめローンで借入先を一つにしてしまえば毎月の返済回数を一回に絞る事ができるのです。

毎月の返済回数を一回に絞れば毎月の返済プランを見直す事もできますし、返済の手間を無くして返済のストレスを軽くする事もできます!

関連記事:【消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外

デメリット

  • 借入先をミスすると返済総額が増える
  • 毎月の返済額を減らすと利息が増える可能性がある
  • 審査が厳しい
  • おまとめ後は追加で借入できない

おまとめローンは金利条件の良い物を選んで初めて返済総額を減らす事ができますが、何も知らずに高金利のおまとめローンを利用してしまうと返済総額が増えてしまう恐れがあります。銀行のおまとめローンは基本的に良心的ですが、中には高金利の物もあるので申し込み前に金利をしっかりと確認する必要があります。

注意しなければならないのが、おまとめローンを組んで安心して毎月の返済額を極端に減らしてしまう事です。

極端に毎月返済額を減らしてしまうち支払う利息が増える可能性があるのです。金利が良心的といえども、毎月の返済額を減らして返済期間を伸ばしてしまうと結果的に支払う利息が増えてしまうので、返済期間は以前よりも伸ばさないようにしましょう。

おまとめローンはメリットが多いのですが、その分審査が厳しくなっています。他社借入件数や他社借入額がベラボウに多いと審査に落ちてしまう可能性があるますし、他社借入件数・他社借入額が少なかったとしても、現在返済中の借金を滞納した経歴があると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

おまとめローンは借金の返済能力がある人が利用できるローンですので、延滞・債務整理をしていたり、収入が安定していない人は審査で落とされる可能性が高いので注意が必要です。

関連記事:【おまとめローンの審査落ちする人の特徴について解説

ちなみにおまとめローンは、まとめる分のお金を借りた後は返済すしかできないので追加で借入する事はできません。銀行でまとめる場合はカードローンを使いますが、まとめる分の融資枠しか貰えない場合があるので、この場合も追加借入が出来ないので要注意!

 

関連記事:【おまとめローンで借金一本化!返済総額を確実に減らすコツ