nyugakuhiyoutop

子育てにはお金がかかりますが、まとめてお金が必要になるのが「学費」です。

入学時は学校規定の制服やカバンを準備しなければならないので、特にお金が必要になります。小中高の入学費用はいずれも10万円を超える事がほとんどなので、子供が入学する前にお金を準備しておく必要があります。

ここでは小学校・中学校・高校別で必要になる入学費用をまとめてみましたので、入学費用が気になる方は目を通してみて下さい。

入学費用~小学校編~

項目 費用 備考
ランドセル 35,000円 平均3~4万円
入学式のスーツ 15,000円 制服で可能な学校は不要
制服 10,000円 私服の学校は不要
上履き 1,500円
学校帽 1,500円
体操服 1,500円
紅白帽 300円
通学用の靴 3,000円 すぐに壊れる事もあるので丈夫な靴を
学習机・イス 80,000円 安いものなら机とイスセットで40,000円程度
筆記用具 3,400円 筆箱・鉛筆・鉛筆キャンプ・消しゴム・下敷き・鉛筆削り
合計 151,200円

入学時に必要なお金は平均で15万円です。

小学校の入学時に大きな出費になるのが、学習机・学習イス・ランドセルの3つです。学習机とイスは高価なものですが、中学校~高校まで使う事になるので、ある程度の物を購入しておいた方が良いでしょう。

ランドセルも小学校生活の6年間使うことになるので頑丈なランドセルをチョイスしておきましょう。

入学費用を抑える方法

入学式用のスーツは入学式の一回しか使いませんから、あまり高額な物を買う必要はありません。安いスーツを購入するか、お下がりで済ませるかして入学費用を節約しましょう。

小学校に入ると体がどんどん大きくになるので、制服も大きめのサイズをチョイスしましょう。1年生の時点でジャストサイズの制服を選んでしまうと、1年~2年もすれば買い直さなければなりませんので、ある程度余裕をもったサイズを選ぶ事で制服費用を節約する事ができます。

制服や体操服に学校指定が無ければニッセン等の通販を使って激安で購入する事もできます。楽天市場やAmazonを使えば上履きや赤白帽を激安で買うこともできるので、学校で販売されている物の価格に疑問を感じたら通販をチェックしてみましょう!

入学費用~中学校編~

項目 費用 備考
ブレザー 30,000円 学ランなら8,000円程度
カッターシャツ 3,000円 半袖・長袖同時購入
冬用ベスト 5,000円 入学時に買わない学校もある
冬用セーター 6,000円 入学時に買わない学校もある
ベルト 2,500円
体操服 7,000円 冬・夏用
体育館履き 2,500円
上履き 1,500円
通学カバン 8,500円
通学自転車 20,000円 歩き通学なら不要
合計 86,000円

中学校の入学で必要になる費用の平均は8万円~9万円です。

学習机やイスは小学校の時点で購入しているので小学校と比べて費用を抑える事ができるのですが、ブレザーの中学校は制服代が高いので大きな出費に繋がります。特に女子の場合はブラウスやリボンも用意しなければならないので更に追加でお金が必要に。

自転車通学をする中学生は自転車も購入しなければならないので、その点も考慮して入学金を準備しなくてはなりません。

入学費用を抑える方法

中学校は基本的に学校指定の制服になるため、なかなか入学費用を抑える事が難しいです。

自転車は中古の物を買うか、お下がりの物を貰うかして対応する事ができますが、その他をおさがりでもらう事は難しいです。もし制服が学ラン指定の場合は通販で激安で購入する事ができますので、学ランの場合はいかに安く購入するかに中力してみると良いでしょう。

入学費用~高校編~

項目 費用 備考
ブレザー 50,000円 学ランなら10,000円程度
体操服 8,000円
ジャージ 10,000円
体育館履き 2,500円
ローファー 7,000円 ブランド物でなければ4,000円程度で購入可能
教材・教科書 40,000円
通学カバン 8,000円
自転車・定期券 20,000円 歩き通学なら不要
合計 145,500円

高校の入学費用の平均は15万円です。

高校は私立と公立で年間に必要なお金が大きく違いますが、入学金を除けば入学日はそこまで変わりはないようです。高校で一番の出費はブレザーです。私立高校になると有名ブランドのブレザーを購入しなければならない事もあり、70,000円~80,000円必要になる事もあります。

入学費用を抑える方法

高校の入学費用を最大に抑える方法は、お下がりのブレザーを貰う事です。同じ学校にかよっていた知り合いがいれば貰う事ができますが、なかなか難しい節約方法です。

ローファーもブランド物ではなく安いシンプルなものを購入すれば節約する事ができます。通学カバンも規定が無ければ安い物を購入するようにしましょう。

入学金を払えない場合

入学金を払えない場合は、奨学金や国や民間の教育ローンを活用してみると良いでしょう。

奨学金について

奨学金は、日本学生支援機構や自治体・学校で用意されています。ただし、奨学金を受けるには学力的な条件や親の年収に条件がかけられているので、条件をクリアしなければ利用する事はできません。

奨学金には返済しなければならない物と返済不要の給付型が存在します。返済不要の奨学金を受けるには相当な学力が必要になります。

日本学生支援機構が提供している奨学金は、無利子で借りれる第一種奨学金と限度年3%の金利が課せられる第二種奨学金の二つがあります。どちらが採用されるかは審査が必要になります。

教育ローンについて

教育ローンは学校にいくためのお金を借りる事ができるローンの事です。教育ローンは国が提供する物と銀行や労働金庫などの民間企業が提供している教育ローンがあります。

国の教育ローンを使って借りれるのは、一人350万円までで、世帯年収の制限もあります。世帯年収が200万円以内の場合は金利優遇を受ける事ができるので、低所得世帯の方は国の教育ローンを活用してみると良いでしょう。また、国の教育ローンは担保なしで利用できます。

民間企業が提供する教育ローンは無担保と有担保の二種類あります。

借入先によっては高金利の場合がありますが、基本的には国の教育ローンに近い低金利でお金を借りる事ができます。国の教育ローンと比べて申込手続きも簡単で融資までにさほど時間がかからないのがメリットとなっています。

どちらからも借りれない時にはカードローンがオススメ

奨学金も教育ローンも使えなかった時にはカードローンという最終手段もあります。カードローンで借りたお金は基本的に使い道が自由なので、入学金にもあてる事ができます。

ただし教育ローンや奨学金と比べて金利が高いので返済負担が大きいのが難点です。カードローンは消費者金融や銀行が提供していますが、教育目的に借りるのであれば好条件で借りれる銀行カードローンの利用をオススメします。

銀行カードローンの中でもオススメできるのは「住信SBIネット銀行カードローン」です。住信SBIネット銀行カードローンは年0.99%~7.99%という金利条件の良さで人気なので、どこで借りれば良いか迷われた方にオススメです!

住信SBIネット銀行カードローン詳細ページ