ノーローン

ノーローンは、何度でも一週間無利息で借りる事ができる新生銀行グループのキャッシングです。新生銀行グループではありますが、消費者金融に分類されます。

大手消費者金融の中には30日間無利息サービスを提供しているところもありますが、基本的には契約日翌日から30日間無利息になり、無利息期間が終われば再度無利息で借りる事はできません。

しかし、ノーローンは完済すれば翌月から再度一週間無利息で借りれる特徴があるのです。簡単に言ってしまえば、何度でも無利息でお金を借りれる訳です。

今回はノーローンに関する基本的な情報や、他のキャッシングと比較した結果をまとめてみました。

ノーローンの基本情報

金利(年率) 融資限度額 審査時間 融資時間
4.9%~18.0% 1万円~300万円 最短即日 最短即日
返済方式 担保・保証人 総量規制
借入金額スライドリボルビング方式 不要 対象

申し込み対象者

アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 専業主婦 年金受給者
×

※申し込みをするには本人に安定した収入が必要です。

ノーローンには年齢制限が無く、基本的に安定した収入さえあれば利用可能な点が、他の消費者金融のキャッシングとの大きな違いになっています。

ノーローンの特徴

  • 何度でも一週間無利息で借りれる
  • 年齢制限が無い
  • 最短即日融資が可能
  • 女性専用の申し込み窓口がある

何度でも一週間無利息

ノーローンの最大の特徴は、やはり何度でも一週間無利息でお金を借りる事が可能な点です。完済した翌月から再度一週間無利息で借りれるので、少額融資に最適ですね。

例えば、1万円を借りて1週間以内に1万円を返せば利息は一円もかかりませんし、完済した事で翌月から新たに一週間無利息でお金を借りる権利を獲得できるのです。

毎月の生活費が一時的に1万円~2万円程度足りなくなる時に活用すれば、どのキャッシングよりもお得に借りる事ができますね。

ノーローンの最大金利は18.0%ですが、アコムやSMBCモビットなどの大手消費者金融の金利も最大で18.0%と同様の金利設定になっています。何度でも一週間で借りれる事を考えると、大手消費者金融よりもお得に借りれる事が分かりますね。

女性専用窓口で女性も利用しやすい

ノーローンには、女性スタッフが対応してくれる「ノーローンレディスダイヤル」という女性専用の申し込み窓口があります。

女性スタッフが対応してくれるので、女性ならではのお金の悩みを相談する事もできますし、同性という事で不明な点を聞きやすい環境になっています。

男性スタッフに対応されると、どうしても圧迫感を感じて聞きたい事も聞けず契約に進んでしまう事がありますが、ノーローンレディスダイヤルを活用すればそういった不安要素を排除する事が可能です。

最短即日融資が可能

ノーローンは即日融資に対応したスピーディーな消費者金融です。インターネットで全ての手続きを完了させれるので、窓口に行く手間をかけずにスピーディーにお金を借りる事ができます。

楽天銀行の口座を持っていれば、パソコン・スマホ・ケータイから24時間いつでも振込融資でお金を借りる事が可能です。

楽天銀行以外の口座の場合は、平日の13時までに振込依頼をしなければ即日融資に対応できないので要注意ですね。

カードローンを探す条件に低金利があるのであれば、銀行カードローンを選択した方が良いだろう。

ノーローンのマイナスポイント

  • 金利が高い
  • 最大融資限度額が低め
  • 自動引落が無い

金利が高め

ノーローンの金利は4.9%~18.0%と消費者金融の中では最低金利が若干高めの部類になっています。

最大金利は18.0%なので、消費者金融の中では平均的な金利ですが、平均14.5%前後の銀行カードローンの金利と比べると高金利の部類に入ってしまいますね。

例えば、14.5%で10万円を借りて1年かけて返済した場合の合計利息は8,020円ですが、18.0%で借りた場合の合計利息は10,011円になります。3.5%違うだけで、約2,000円の利息差が生まれている事がわかりますね。

借り入れする額が大きかったり、返済する期間が長かったりすると利息はどんどん増えてくるので、金利の高いノーローンでは大口融資は受けない方が良いでしょう。

総量規制の対象

ノーローンは総量規制の対象です。総量規制の対象になると、年収の3分の1までの額しか借入する事ができないので、大口融資を受けたい方は不便に感じるかもしれません。

 

ノーローンと他社キャッシングを徹底比較

ノーローンと、他の消費者金融や銀行カードローンの様々な点を比較してみた結果を下記にまとめてみました。

金利を他キャッシングと比較

消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
ノーローン 4.9%~18.0% 20.00%
アイフル 4.5%~18.0% 20.00%
プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
アコム 3.0%~18.0%  20.00%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.00%
銀行カードローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
2.49%~7.99% 20.00%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
みずほ銀行カードローン
2.0%~14.0% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 14.60

基本的に消費者金融は高金利という事が分かりますね。住信SBIネット銀行カードローンは圧倒的な金利で人気ではありますが、好条件なぶん審査ハードルがどこよりも高いのがネックになっています。

「好条件で借りたいけど審査が不安」といった方には、三菱東京UFJ銀行カードローンや楽天銀行スーパーローンがオススメ!

限度額を他行・他消費者金融と比較

消費者金融名 融資限度額
ノーローン 1万円~300万円
アイフル 1万円~500万円
プロミス 1万円~500万円
アコム  1万円~800万円
SMBCモビット 1万円~800万円
銀行ローン名 融資限度額
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
10万円~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 10万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円

ノーローンの最大融資限度額は300万円と低めの設定です。ただ、300万円を借りるとなると年収は最低でも900万円必要になるので、なかなか300万円満額を借りれる人は居ないのではないでしょうか。

さいごに

ノーローンは何度でも一週間無利息で借りれる便利な消費者金融です。

ただし、年18.0%という高い金利がネックになっているので、短期間で返済できる小口融資として使う事をオススメします。大口融資を受けるとどうしても長期的な返済になるので、一週間程度の無利息期間の恩恵は少ないし、利息もどんどん膨れ上がってくる心配があります。

無利息期間があるとしても、余裕をもって返済していけるプランを練ってからキャッシングを利用するように心がけましょう。