ちょっとしたお金を借りる時に役立つのがカードローンです。

ただ、利用用途が自由なカードローンは、住宅ローンやマイカーローン等の目的別のローンに比べて金利が高めに設定されている事がほとんどなので、利息がどれぐらいになるのか不安ですよね。

しかし、カードローンの中には一定期間無利息で借入できる物もあるので、上手く使えば支払う利息を0円に収める事も出来ちゃうんです。

そこで今回は、全国のカードローンから無利息で借入できるカードローンをピックアップして一覧にしてみましたので、無利息のカードローンをお探しの方は参考にしてみて下さい!

無利息借入が可能なカードローン一覧

カードローンの提供元は大きく分けて、「銀行」「消費者金融」「信販会社」の3つに分けられます。

信用金庫や労働組合が提供するカードローンもありますが、これに関しては利用者が限りなく限定されますので今回は省かせてもらいます。

ではまずは、大手銀行・大手消費者金融・ネット銀行の無利息期間のある銀行カードローンを見ていきましょう。

全国区対応の無利息カードローン一覧

カードローン 金利 無利息期間
アコム 3.0%~18.0% 30日間
プロミス 4.5%~17.8% 30日間
アイフル 4.5%~18.0% 30日間
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 30日間
180日間
ジャパンネット銀行
カードローン
2.5%~18.0% 30日間

上の表で紹介したカードローンは、全国の方が申込みできる大手銀行・大手消費者金融のカードローンです。

どのカードローンも最短即日中の融資が可能で、Web上で借入・返済・残高管理が出来るという大手ならではのサービス性があるのでオススメです。

特に、アコム・プロミス・アイフル・レイクに関しては全国各地に自動契約機が設置されていますので、急ぎでお金を借りたい方にオススメです。

各無利息サービスの条件や無利息期間開始時期

上記で紹介しているカードローンは基本的に30日間の無利息期間がありますが、各カードローンによって無利息サービスを受ける条件や無利息の開始時期が異なっていますので確認してみましょう。

カードローン 無利息開始日 無利息サービス対象条件
アコム 契約日翌日から30日間 アコムにはじめて契約される方で
返済期日を35日ごとに契約する
プロミス 初回借入日翌日から30日間 プロミスに初めて契約される方で
Eメールアドレスの登録と
書面受取方法をWEB明細に設定
アイフル 契約日翌日から30日間 アイフルにはじめて契約される方
新生銀行レイク 契約日翌日から30日間 レイクにはじめて契約される方で
契約額が1万円~500万円
契約日翌日から180日間 レイクにはじめて契約される方で
契約額が1万円~200万円
※借入額のうち5万円分が無利息
ジャパンネット銀行
カードローン
初回借入日から30日間 ジャパンネット銀行の極度型ローンを
契約中で過去に1度も利用した事がない方

注目すべきは、プロミスとジャパンネット銀行カードローンに関しては無利息開始日が初回借入を行ってから開始されるという点です。

他のカードローンは契約日翌日から開始されますので、契約だけして借入をしていない状態でも無利息期間は経過していってしまうのです。

しかし、プロミスとジャパンネット銀行カードローンなら契約だけしておいても無利息期間は経過していかないので、他のカードローンよりも勝手が良いのです。

借入はしないけどとりあえず契約しておこう!といった人はプロミスかジャパンネット銀行カードローンがオススメです。

地方銀行・中小消費者金融の無利息カードローン一覧

カードローン 金利(実質年率) 無利息期間 無利息条件・備考
ライフティー 8.0%~18.0% 35日間 初回のみ
セントラル 4.8%~18.0% 30日間 初回のみ
ノーローン 4.9%~18.0% 1週間 何度でも
※完済月の翌月から適用
ニチデン 7.3%~17.52% 90日間 初回のみ
フタバ 14.959%~17.950% 30日間 初回のみ
愛媛銀行カードローン 4.4%~14.6% 30日間 初回のみ

全ての地方銀行を調べてみて分かったのですが、現在無利息サービスを提供している地方銀行のカードローンは愛媛銀行のみでした。

中小の消費者金融は無利息サービスを提供している所が多いのですが、利用する消費者金融の近隣地方に住んでいる方しか利用できない物もありますので、あまりオススメはできません。

やはりオススメできるのは大手銀行・ネット銀行・大手消費者金融が提供している無利息のカードローンですね!

30日間の無利息による支払額の違い

無利息といってもカードローンによって期間が決められています。大体のカードローンが30日間の無利息期間を設定していますが、30日間の無利息でどれだけ支払額に違いが出るのか気になりますよね。

例えば、10万円を借りて12ヶ月かけて返済したとすると、本来12ヶ月分の利息が必要なところ11ヶ月分の利息で済むという訳です。

言葉で言っても数字が分からないので、細かく計算して表に表してみました。

金利 返済回数 借入額 利息合計 1回あたりの利息
年18.0% 12回 10万円 10,011円 835円

年18.0%の金利で10万円を借りて12回かけて返済すると、一回あたりの利息は835円になります。30日間無利息サービスを利用すると、この835円を無しにできるので、単純計算で支払う利息合計を9,176円にする事ができるという訳ですね。

借入する額が少ないので1回あたりの利息が数百円と小さいですが、借入する金額が大きくなればなるほど利息額も増えてきますので、無利息の恩恵を大きく受ける事ができます。

低金利の銀行カードローンで借りた方がお得な現実

この記事では無利息期間のあるカードローンについてお話させていただきましたが、1ヶ月~3ヶ月程度の超短期間で返済するプランじゃないと無利息のお得感を感じることは出来ないのです。

何故なら、無利息のあるカードローンは何処も金利が高い!からなのです・・・。

基本的に無利息のあるカードローンの最大金利は18.0%と高金利・・・それなら無利息期間が無くても最大金利14.5%前後の銀行で借りた方がお得になる可能性が高いのです。

例えば、先程10万円を年18.0%で借りて12回かけて返済すると、無利息が適用されても利息の合計額は9,176円という結果になりましたが、金利を年14.5%にすり替えて計算すると利息の合計は8,020円という結果になるのです。

長期的な返済になる場合は絶対的に低金利の銀行カードローンを利用した方がお得なのです。もし半年以上返済がかかりそうなのであれば低金利の銀行カードローンを選ぶようにしましょう!

低金利の銀行カードローンならココ!
銀行カードローンの基礎知識から、低金利のオススメカードローンの紹介まで、様々な情報をまとめてご紹介しています。

関連記事:銀行でお金を借りる|失敗しない借入術を伝授!