日本が誇るメガバンクが提供しているカードローンの一つといえば、みずほ銀行カードローンです。

みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンよりも良心的な金利で融資を受ける事ができて、なおかつ最大融資額も800万円とかなり高い設定となっているので、事業性のある資金が必要になった場合や、まとまった金額が必要になった時に活用する事が可能です。

当記事ではみずほ銀行カードローンに関する情報や、他行のカードローンと比較して、どの様な点に優れどの様な点が劣っているのかを比較してわかりやすくまとめていますので、みずほ銀行カードローンの利用を検討されている方は参考にしてみてください。

みずほ銀行カードローンの基本情報

金利(年率) 融資限度額 担保・保証
2.0%~14.0% 10万円~800万円 不要
遅延損害利率 手数料
年19.9% 不要

金利は銀行カードローンならではの好条件の設定で、とてもお得にお金を借りる事ができます。審査速度も消費者金融に負けないスピーディーさを持っていて、融資時間も早く急ぎでお金を借りたい人にオススメのカードローンです。メガバンクならではの安心感もありますので、お得かつ安心してお金を借りれる事が分かります。

申込対象者

・申込時の年齢が満20歳以上66歳未満の方
・定期的に安定した収入の得ている方
・みずほ銀行が指定する保証会社の保証を受けれる方

アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 年金受給者
◯※1 ◯※2

※1.学生の方が利用するには、アルバイト等で安定した収入を得ている必要があります。

※1.収入源が年金だけの場合でも利用が可能です。

みずほ銀行カードローンのメリットとデメリット

みずほ銀行カードローンには良心的な金利かつ審査時間が早いという大きなメリットがありますがデメリットも存在します。下記ではみずほ銀行カードローンに関するメリット・デメリットを正直に記載しています。

みずほ銀行カードローンの『デメリット』

まずは、みずほ銀行カードローンのデメリットを見ていきましょう。

素早い融資を受けるには、みずほ銀行の口座が必要

みずほ銀行カードローンを使って素早く融資を受けるには、みずほ銀行の普通預金口座を持っている必要があります。

みずほ銀行の普通預金口座を開設するには約一週間程度の期間が必要になるので、みずほ銀行の普通預金口座をお持ちで無い方は素早く融資を受ける事ができません。

口座開設不要で素早い融資可能な銀行カードローンといえば三菱東京UFJ銀行カードローンです。三菱東京UFJ銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちでない方でも素早い融資を受ける事ができますので、急ぎでお金を借りたい方はそちらをチェックしてみてください。

三菱東京UFJ銀行カードローンに関する情報は別記事でご紹介しています。>>【三菱東京UFJ銀行カードローン詳細ページはコチラ

三菱東京UFJ銀行カードローンの『メリット』

続いてメリットを見ていきましょう。

スピーディーな融資が可能

みずほ銀行カードローンはスピーディーな融資が可能です。ただし、デメリットでご紹介した通り、みずほ銀行の普通預金口座を持っていなければ素早い融資を受ける事はできませんので注意しておきましょう。

素早く振込融資を受ける申し込み方法様々ありますが、一番のオススメはWeb完結申し込みです。

Web完結申し込みとは、その名の通りWeb上だけで申し込みから契約を完結させる事ができる便利な申し込み方法で、わざわざ店舗に行って契約をする必要が無いので手間なくスピーディーにお金を借りる事ができます。

みずほ銀行ATMは基本手数料無料、コンビニATMは月4回まで無料

みずほ銀行ATMを使ってお金を借りる場合はATM利用手数料が基本無料です。また、ローソンATM・セブン銀行・E.net等のコンビニATMの利用手数料は月4回まで無料なので、手数料に悩まされる心配もありません。

アコムやプロミス等の大手消費者金融でも、ATM利用手数料は有料になっていますので、利用毎に数百円取られるのは意外と痛手になります。

こういった点を考えるとATM利用手数料が無料なのはとても便利ですね!

▶利用手数料無料のATM一覧

・みずほ銀行ATM
・セブン銀行ATM (セブン-イレブン等)
・ローソンATM
・コンビニATM E.net (ファミリーマート等)

利用対象者が幅広い!

みずほ銀行カードローンは下記の方でも利用が可能です。

  • 学生
  • 派遣社員
  • 契約社員
  • パート・アルバイト
  • 年金受給者

上記の属性の方は一部銀行カードローンや消費者金融では利用する事ができない場合もあるのですが、みずほ銀行カードローンは上記のすべての属性の方が利用できるので、幅広い方に融資を行っている事が分かりますね。

資金力の高いメガバンクだからこそのサービスと言えます!

みずほ銀行カードローンと他金融機関を比較!

みずほ銀行カードローンは確かに好条件の金利ですが、他の銀行カードローンや消費者金融のキャッシングと比較してどの様な違いがあるのでしょうか?下記では他行カードローンと消費者金融の金利と遅延損害金を徹底的に比較してみました。

金利を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
2.00%~14.00 19.90%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 14.60
消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
アコム 3.0%~18.0% 20.00%
プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.00%

みずほ銀行カードローンは最大金利がかなり低く設定されているので、小口の融資を受けたい方は好条件でお金を借りる事ができる特徴があります。

ただし、カードローンは基本的には最低金利が適用される事はほぼありません。みずほ銀行の最低金利である3.50%で融資を受けたいのであれば800万円の融資を受ける必要があります。

最初の契約で800万円の融資を受ける事はまず不可能ですし、融資枠800万円を獲得するには年収が2,400万円以上は必要になると予想されますので、最低金利よりも最高金利を金利の目安とした方が良いでしょう。

遅延損害金は、融資の返済に遅れてしまった時に発生する金利で、返済発生日から延滞金解消までにかかる金利です。

計画的に確実に延滞せずに返済できるのであれば遅延損害金はあまり気にしなくて良いのですが、万が一延滞をしてしまった事を考えると遅延損害金も参考の一つにすると良いでしょう。

基本的には遅延損害金は金利20%の所が多いのですが、三菱東京UFJ銀行カードローンに関しては年14.6%で済ませれるというのは魅力の一つでもあるようです。

限度額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 融資限度額 金利(実質年率)
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
10万円~800万円 2.00%~14.00%
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円 1.9%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円 1.8%~14.6%
消費者金融名 融資限度額 金利(実質年率)
アコム 1万円~800万円 3.0%~18.0%
プロミス 1万円~500万円 4.5%~17.8%
SMBCモビット 1万円~800万円 3.0%~18.0%

融資限度額の高さは群を抜いてみずほ銀行カードローンが高くなっています。800万円の最大融資限度額を設定している消費者金融や銀行カードローンは珍しいので、大口融資を受けたい方にはもってこいのカードローンなっています。

ただ、先ほども申した通り、最大限度額の800万円の融資枠をもらうには並大抵の信用度ではダメですし、年収は最低でも2,400万円は必要になりますから、あまり800万円という数字はあてにしない方が良いでしょう。

毎月の最低返済額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 毎月の最低返済額
みずほ銀行カードローン 10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
2,000円
三井住友銀行カードローン 10,000円
楽天銀行スーパーローン 3,000円
イオン銀行カードローン 3,000円

毎月返済額は借入額によって変動しますが、みずほ銀行カードローンは1万円以上〜50万円未満の借入残高がある場合には月の最低返済額が10,000円と定められています。

毎月の返済は数千円程度に抑えたいといった方には少し厳しい最低返済額の設定かもしれません。

みずほ銀行カードローンの最低返済例

◆借入残高200万円未満の場合

借入額(残高) 最低返済額
100万円超 利用残高50万円毎に1万円追加
50万円超~100万円以下 20,000円
1万円超~50万円以下 10,000円
1万円未満 毎月10日現在の借入残高

◆借入残高200万円以上の場合

借入額(残高) 最低返済額
200万円超 利用残高100万円毎に1万円追加
100万円超~200万円以下 20,000円
1万円超~100万円以下 10,000円
1万円未満 毎月10日現在の借入残高

初めてみずほ銀行カードローンと契約する場合、初めての契約で100万円の融資枠を貰える可能性は極めて低いです。ですので、毎月の最低返済額は10,000円と考えておいて良いでしょう。

みずほ銀行カードローンまとめ

みずほ銀行カードローンはかなり良い金利条件で借りれるお得なカードローンです。ただし、急ぎでお金を借りたい場合、みずほ銀行の普通預金口座を持っていなければ素早い融資を受ける事ができないので要注意です。

口座がないと素早い融資ができないこと以外は特に大きなデメリットはありませんので問題なく利用する事ができます。

好条件かつ審査のスピーディーさ、Web完結申し込みやサポート対応の充実等、様々な面に特化した銀行カードローンですので、お得に素早くお金を借りたい方は是非みずほ銀行カードローンに申し込みをしてみましょう!

好条件の銀行カードローンをお探しなら
銀行カードローンで失敗しないために必要な情報を分かりやすくまとめています。カードローンの利用が不安な方はこちらのページをまず参考にしてみて下さい。

関連記事:銀行でお金を借りる|失敗しない借入術を伝授!