メガバンクである三井住友銀行が提供しているカードローンは、金利条件も良く高額融資も可能なメガバンクならではの好条件のローンです。

同じメガバンクである、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行が提供するカードローンに負けず劣らずのスペックでカードローンを提供しているので、どのカードローンを選んでも失敗する事はないでしょう。

ただ、メガバンクのカードローンや大手銀行のカードローンと較べて、三井住友銀行カードローンはどんな点に違いがあるのか気になりますよね。

今回は、三井住友銀行が提供しているカードローンと、他社カードローンを徹底的に比較してみた結果を分かりやすくまとめて掲載していますので、目を通してみて下さい。

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンの金利は、年4.0%~14.5%という金利設定で、最大で800万円の高額融資にも対応しているハイスペックな点が大きな特徴になっています。

また、他の銀行ではあまり見られない『ローン契約機』が各店舗に設置されており、カードをすぐに受け取りたい方や、インターネットでの申し込みに不安がある方が活用できるでしょう。

メガバンクというだけで安心して利用できますから、好条件で安心して利用できるカードローンになっています。

三井住友銀行銀行カードローンの基本情報

金利(年率) 融資限度額 手数料
4.0%~14.5% 10万円~800万円 不要
遅延損害利率 担保・保証
年19.94% 不要

銀行カードローンは、融資を受けるまでに数日必要なイメージがついているのですが、三井住友銀行カードローンは最短で当日中に融資を受けれるので、今日中にお金を借りたいと考えられている方でも安心して利用できるでしょう。

申込対象者

  • 申込時の年齢が満20歳以上69歳の方
  • 安定して継続した収入がある方(※専業主婦不可)
  • 日本国内に居住されている方(外国籍者は永住権が必要)
アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 専業主婦 年金受給者
◯※ ◯※ ×

※本人に安定した収入が無ければ利用できません。

三井住友銀行カードローンのデメリット

三井住友銀行カードローンは好条件で利用できるカードローンですが、デメリットも存在します。まずはデメリットについて見ていきましょう。

振込で融資を受けれない

融資方法は基本的にカードを使ってATMからお金を引き出す方法と、インターネットバンキングを使った融資のみになっていますので、指定した口座に振込で融資を受ける事はできません。

インターネットバンキングは、三井住友銀行の普通預金口座を開設し、なおかつインターネットバンキングの利用登録を行っている方のみが利用できるものとなっています。

返済方法はATMか振込のみ

基本的に返済方法はATMと振込の2つしかありません。他の銀行カードローンは自分が指定した口座で引き落としで自動的に返済できるサービスを行っているところがほとんどですが、三井住友銀行の口座を持っていなければ口座引落で返済する事はできません。

三井住友銀行の普通預金口座は必須

三井住友銀行の普通預金口座が無ければ、口座引落やインターネットバンキングを利用できなかったり、WEB上で明細や借入残高を確認する事ができません。

三井住友銀行カードローンを100%活用するのであれば、三井住友銀行の普通預金口座は必須と言えるでしょう。

三井住友銀行カードローンのメリット

続いて、三井住友銀行カードローンのメリットについて見ていきましょう。

金利が良心的だから返済も安心

金利は年4.0%~14.5%です。

銀行カードローンの中では平均的な金利ですが、消費者金融の最高金利は年18.0%前後ですので、三井住友銀行カードローンの金利は良心的な金利の部類に入るでしょう。

三井住友銀行カードローンを使って10万円を借りた場合に一ヶ月にかかる利息は1,191円です。

素早い融資が可能ですぐに借りたい方も安心!

銀行カードローンと言えば融資を受けれるようになるまで数日必要と言われているローンですが、三井住友銀行カードローンは素早い融資に対応したスピーディーなカードローンです。

素早い融資に対応している銀行カードローンは非常に少ないので嬉しいですね。

ローン契約機でその場でカード発行!

三井住友銀行にはローン契約機が設置されています。

ローン契約は最短30分の審査で素早い融資も可能で、その場でカードが発行されるという超スピーディーに借りれる便利な機械です。三井住友銀行に口座を持っていない人でもローン契約機で契約をする事が可能ですので、誰でも活用する事ができます。

おまとめ、借り換えローンにも対応

三井住友銀行カードローンは、良心的な金利で融資額も高いので、借り換えローンやおまとめローンに最適なカードローンです。公式ページでも、『おまとめや借り換えにも対応』と掲載されているので安心して借り換え・おまとめローンとして活用してみて下さい。

三井住友銀行と他金融機関を比較!

続いて、本記事の題材にもある、他社ローンとの比較した結果をご紹介していきます。カードローンは銀行や消費者金融が提供しているので、たくさんの種類があります。その中から一つを選択するのは難しいですから、比較した結果を見てカードローンを選んでみましょう。

金利を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 19.94%
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8% 19.8%
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
2.49%~7.99% 20.00%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 14.60
消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
アコム 3.0%~18.0% 20.00%
プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.00%

銀行カードローンの中では住信SBIネット銀行カードローンが好条件の金利になっています。三井住友銀行カードローンは銀行カードローンの中でも平均的な金利となっていますが、消費者金融と比べると条件が良い事が分かります。

限度額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 融資限度額
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円
イオン銀行カードローンBIG 30万円~800万円
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
10万円~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
10万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円
消費者金融名 融資限度額
アコム 1万円~800万円
プロミス 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円

融資限度額は最大で800万円とかなり高い設定になっています。

三井住友銀行カードローンまとめ

三井住友銀行カードローンにはローン契約機がある事がかなり大きいでしょう。WEBからの申込でも素早い融資は可能ですが、ローン契約機があれば高い確率で素早い融資を受ける事ができるので、急ぎでお金を借りた伊方にぴったりの銀行カードローンと言えます。

金利や限度額の条件も良いので、三井住友銀行カードローンを利用して失敗する事はないでしょう。

ただし、振込で融資を受けたい方や、引き落とし返済で手間なく返済していきたい方は、三井住友銀行の普通預金口座とインターネットバンキングの登録が必要ですので注意しましょう。