三菱東京UFJ銀行借り換えローン

三菱東京UFJ銀行カードローンは、銀行ならではの低金利設定になっているので借り換えローンに適したカードローンと言えます。

もし、現在高金利の金融機関からお金を借りてしまっている場合は、三菱東京UFJ銀行カードローンを使って借り換えする事をオススメしますが、借り換えローンは知識を備えておかなければ逆に損をしてしまう可能性のあるローンので注意する必要があります。

ここでは、借り換えローンに失敗しないための知識と三菱東京UFJ銀行カードローンで借り換えをするとどれだけ返済負担を減らせるのかを検証しているので参考にしてみてください。

三菱東京UFJ銀行カードローンの借り換え検証

借入額によって借り換えするべきかどうなのかが変わってきます。10万円ちょっとの金額を借り換えしたところで支払う利息の差は数千円程度しか変わらないので、金利が高いからといって少額を借り換えする必要性はあまりありません。

10万円・50万円・100万円・300万円の4種類を三菱東京UFJ銀行カードローンを使って借り換えた結果を下記の表に掲載しているので確認してみましょう。

10万円を借り換えた場合
金利 月返済額 返済回数 利息総額
消費者金融 年18.0% 1万円 11回 9,158円
⇓借り換え後⇓
三菱東京UFJ銀行カードローン 年14.6% 1万円 11回 7,280円

 

50万円を借り換えた場合
金利 月返済額 返済回数 利息総額
消費者金融 年18.0% 2万円 32回 131,374円
⇓借り換え後⇓
三菱東京UFJ銀行カードローン 年14.6% 2万円 30回 99,732円

 

100万円を借り換えた場合
金利 月返済額 返済回数 利息総額
消費者金融 年18.0% 3万円 47回 396,689円
⇓借り換え後⇓
三菱東京UFJ銀行カードローン 年12.6% 3万円 42回 237,261円

借入額が大きくなればなるほど借り換えをする事によって利息総額や返済回数に影響が出ている事が分かります。

10万円を借り換えしたところで、支払う利息は約2,000円程度しか変わりませんが、100万円を借り換えしてみると約16万円も支払う利息が減少します。借金が大きければ大きいほど借り換えローンを組む価値があるので、高金利の金融機関で大口融資を受けている方は借り換えローンを検討してみて下さい。

借り換えローンに失敗しないためには

借り換えローンの本質は、借金を減らす点にあります。

例えば、金利が年20.0%の消費者金融で50万円を借りて3年(36回)かけて返済した場合にかかる利息は合計で168,930円。三菱東京UFJ銀行カードローンの最大金利は年14.6%なので、この金利を元に同条件で計算すると支払う合計利息は120,444円になります。

高金利の消費者金融から三菱東京UFJ銀行カードローンに借り換えてしまえば、最大で約4万8500円も利息を減少させる事が可能なのです。

ただし、これは借り換えローンを正しく利用した際の計算です。低金利のローンに借り換えてしまうと、金利が低い事を良い事に毎月の支払額を減らしてしまう人が多々います。

毎月の支払額を減らすと返済期間が長くなってしまうので、ヘタをすれば借り換え前よりも支払う利息が多くなってしまう可能性があります。借り換えローンに失敗しないためには、借り換え前に毎月返済していた額と同じ額(多めなら尚良い)を返済していく事が重要になるのです。

毎月の支払額を減らしたい方にも借り換えローンは一応オススメできますが、借り換え前よりも支払利息が多くならない程度に毎月の支払額を調整していかなければなりません。無計画に借り換えローンを利用するのは危険なので、借り換えローンを組む前にしっかりと計算してみる事が重要です。

三菱東京UFJ銀行カードローンについて

三菱東京UFJ銀行カードローンは、借り換え額によって適用される金利が公式ページにしっかりと明記されています。

三菱東京UFJ銀行適用金利

100万円以下の時点で12.6%というカードローン業界の中でもかなり低い金利が適用される可能性があります。まさに借り換えローンに適したカードローンと言えますね!

金利面だけではなく利便性の面にも長けています。WEB上だけで申込ができるほか最短即日融資にも対応しているので、今すぐ借り換えローンを組みたい方でも安心です。

三菱東京UFJ銀行の店舗に行けば、『テレビ窓口』という自動契約機が設置されているので、カードがその場で発行される上に申込から融資までの時間はわずか40分程度とスピーディー。

三菱東京UFJ銀行の口座がなくても契約は可能ですが、振込融資を受けたい方は振込融資の登録を済ませなければならないので注意です。三菱東京UFJ銀行カードローンに関する詳しい情報は別ページで紹介しているので、そちらも参考にしてください。

詳細ページはコチラ