kariire3ken1

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを利用するには審査に通過する必要がありますが、審査に通過するには収入や勤続年数などの様々な条件をクリアしなければなりません。

すでに借入をしている人はその条件をクリアして借入をしているのですが、さらに別の金融機関から借入したい場合には新たに借入審査を受ける必要があります。

もし現在借入している金融機関が3社以上だった場合でも、新たな金融機関から借入をする事は可能なのでしょうか?

今回は他社借り入れ件数が3社以上ある人でも新たにお金を借りる事ができるのかを調べてまとめてみたので、新たな借入を検討されている人は目を通してみてください。

他社借入3件でも新たに借りれる

他社借り入れ件数が3件あった場合でも新たに借入する事は”可能”。一般的には他社借り入れ件数が4件以上になると大手消費者金融や銀行から借入できる可能性がグンと下がると言われています。しかし、借入件数が3件であればまだ望みがあるので申込をしてみる価値は十分にあります。

ただし、以下の点に注意しておかなければ審査に通過する事は難しいでしょう。

年収の3分の1以上の額を借入していると厳しい

すでに借りてる他社借入額が年収の3分の1の額を超えている、または超えるギリギリである場合は新たに借入する事が難しいでしょう。

賃金業法には総量規制という規制があり、借り手の年収の3分の1を超える額を賃金業者は貸し付けてはならないという規制内容となっています。

復数の金融機関から借入している場合は、その借入枠の全てを合計して年収の3分の1を超えてはならない為、すでに年収3分の1ギリギリの人も新たに借入する事が難しいのです。

借入枠が対象となる!

注意してもらいたいのが、実際にお金を借りた”借入額”ではなく契約した際に貰った”融資枠”が総量規制にカウントされてしまいます。例えば、アコムから50万円の融資枠をもらって、その中から20万円のお金を借りたとしても、総量規制にカウントされるのは50万円になります。

もう一つの例えとして、年収300万円の人が借り入れできる限度額は年収3分の1の100万円になります。アコム・プロミス・モビットから30万円づつの融資枠をもらった場合、合計額が90万円となり、総量規制ギリギリラインの借入枠になるので、新たに消費者金融から借入する事が難しくなるという訳です。

他社借入3件でも借りれるカードローンはココ!

借入先 金利 融資限度額 総量規制
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 対象
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 対象
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 対象外

他社借入件数が3社あっても申し込む事ができるカードローンは上記の4つ。

おまとめローンで他社借入を一つにまとめよう

他社借入件数が多いという事は、毎月の返済に追われて大変な思いをしているのではないでしょうか?

そんな時には、おまとめローンで他社から借入している借金を一つにまとめて返済負担と手間を軽くする事をオススメします。

新たな借入を考えるよりも、まずは無理なく返済していける環境を作る事が重要。借金地獄で自己破産という最悪の選択をしてしまう前に、今ある借金の完済を目指しましょう。

完済の近道として活用できるおまとめローンについて少し簡単に解説していきます。

おまとめローンって何?

おまとめローンとは、低金利の金融機関からお金を借りて、高金利で借入している復数の借金を一括で返済をし、低金利で借りた金融機関一本に返済先をしぼる画期的なローンのことです。

低金利のローンに切り替える為、支払う利息が減って最終的には返済総額も減らす事ができます。

毎月何度も返済手続きを行わなければならない、利息が高くて元本が中々減らない、そんな人におまとめローンがオススメ。

ただし、おまとめローンは返済目的にのみ使えるので、カードローンのように好きなときにお金を借りたりする事ができなくなるので注意が必要です。

おまとめローンに関する詳しい情報はこちらに掲載しているので、こちらも参考にしてみてください。

≫【おまとめローンで借金一本化!返済総額を確実に減らすコツ