当記事では、イオン銀行カードローンBIGを他行カードローンと較べてみて感じた事や、イオン銀行カードローンBIGに関する詳しい情報を分かりやすく噛み砕いでまとめてみましたので、イオン銀行カードローンBIGの利用を検討されている方は役立ててみて下さい!

イオン銀行カードローンBIGの特徴

イオンというと、スーパーやショッピングモールを大々的に展開しているイメージがありますが、そのイオンが行っている金融事業がイオン銀行になります。

イオン銀行が提供しているカードローンの名前は、『イオン銀行カードローンBIG』です。BIGという名前がついているだけあって、融資額が最大で800万円と、他の銀行カードローンよりも高い融資限度額を実現しています。

イオン銀行ATMを使えば手数料無料でお金を引き出せますので、イオン系列のスーパーで頻繁に買い物をされる主婦層から人気のカードローンになっています。

イオン銀行カードローンBIGの基本情報

金利(年率) 融資限度額 審査時間 融資時間
3.8%~13.8% 10万円~800万円 最短即日 数日
遅延損害利率 担保・保証 手数料
年19.8% 不要 不要

イオン銀行カードローンBIGの最大金利は、年13.8%と銀行カードローンの中でも低い部類になっています。

大手消費者金融のアコム・SMBCモビット・アイフルの最大金利は年18.0%なので、いかにイオン銀行カードローンBIGの金利が低いのかが分かるかと思います。

イオン銀行カードローンBIGで借りれる額は審査によって決められますが、借入額によって適用される金利は公式ページにしっかりと明記されているので、ご自身が希望している借入額と照らしあわせて、どれだけの金利が適用されるのかを確認してみましょう。

借入額別の適用金利

融資額 実質年率(基準)
700万円,800万円 3.8%
400万円,500万円,600万円 8.8%
300万円 7.8%
100万円,200万円 8.8%
30万円~90万円 13.8%

100万円を超える融資額から適用される金利が5%も下がるので、イオン銀行カードローンBIGは大口融資にも向いています。

申込対象者

  • 申込時の年齢が満20歳以上64歳の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 日本国内に居住されている方(外国籍者は永住権が必要)
  • イオン銀行の普通預金口座を持っている方
アルバイト パート 派遣社員 契約社員
学生 主婦 年金受給者
×

イオン銀行カードローンBIGのデメリット

イオン銀行カードローンBIGは金利条件が良く融資額が高いので一見メリットだらけと思いますがデメリットもあります。まずはイオン銀行カードローンBIGのデメリットを一つ一つ見ていきましょう。

イオン銀行の普通預金口座が必要

イオン銀行カードローンBIGを利用するには、イオン銀行の普通預金口座が必要になります。

もし口座を持っていないのであれば、イオン銀行カードローンBIGに申込むと同時に口座開設登録も行わなければなりません。口座を開設するには1~2週間の時間がかかってしまうので、急ぎでお金を借りたい方にはオススメできません。

即日融資を受けれる可能性は低い

イオン銀行カードローンBIGの普通預金口座を持っていても、即日融資を受けれる可能性は低く、1日から2日はかかる事が多いようです。

口座がない状態でしたら、口座開設に1週間~2週間かかり、そこからカードローンの手続きになりますので、融資を受けるまでに2週間ちょっとの期間が必要になるようです。

イオン銀行カードローンは融資までに時間がかかるのが大きなネックになっています。

審査回答は翌日以降になる事も

一応イオン銀行カードローンBIGは審査回答が最短即日中になっていますが、即日中に回答を受けるには14時までに申込をする必要がありますし、場合によっては回答が翌日以降になる可能性があります。

確実にすぐに審査結果を知りたい方は不便に感じるでしょう。

学生は利用できない

他の銀行カードローンは学生でも利用できるものがほとんどですが、残念ながらイオン銀行カードローンBIGは学生は利用する事ができません。

イオン銀行カードローンBIGのメリット

次にイオン銀行カードローンBIGのメリットについて見ていきましょう。

良心的な金利だから低負担で借入できる

イオン銀行カードローンBIGの金利は年3.8%~13.8%という金利設定になっています。他の大手銀行カードローンの金利にも負けない設定になっているので、金利で選ぶのであればイオン銀行カードローンBIGは有力候補にあがるでしょう。

 

イオン銀行カードローンBIGと他金融機関を比較!

続いて、イオン銀行カードローンBIGと他の銀行カードローンや消費者金融のキャッシングを比較してみた結果をご紹介していきます。

金利を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 金利(実質年率) 遅延損害金
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8% 19.8%
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
2.49%~7.99% 20.00%
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 19.90%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 19.90%
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
4.5%~14.6% 14.60
消費者金融名 金利(実質年率) 遅延損害金
アコム 3.0%~18.0% 20.00%
プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
SMBCモビット 3.0%~18.0% 20.00%

銀行カードローンの中では2番めに最大金利が低い設定となっています。住信SBIネット銀行カードローンは住宅ローンの利用者や、SBI証券口座の所持者が利用できる金利設定ですので利用のハードルは高いです。

そういった面を考慮すると、利用しやすい銀行カードローンの中では一番低い金利設定になっているのです。

限度額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 融資限度額
イオン銀行カードローンBIG 30万円~800万円
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
10万円~1,000万円
楽天銀行スーパーローン 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
10万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
10万円~500万円
消費者金融名 融資限度額
アコム 1万円~800万円
プロミス 1万円~500万円
SMBCモビット 1万円~800万円

融資限度額に関しては、銀行カードローンの中では2番目に高い設定になっています。ただ、最低融資額が30万円からになっているので、ほんのちょっとだけお金を借りたい方にとってはオーバースペックに感じるかもしれません。

毎月の最低返済額を他行・他消費者金融と比較

銀行ローン名 毎月の最低返済額
住信SBIネット銀行
MR.カードローン
10,000円
楽天銀行スーパーローン  3,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
2,000円
三井住友銀行カードローン 10,000円
イオン銀行カードローン 3,000円

毎月の最低返済額は3,000円とかなり低めに設定されているので、余裕の無い月でも安心して返済していけるはずです。

イオン銀行カードローンBIGまとめ

イオン銀行カードローンBIGは、主婦層から人気のカードローンですが、誰でもお得に借りれる銀行カードローンの一つです。

ただ、即日融資を受ける事が少し難しいので、急ぎでお金を借りたい方にはあまりオススメできる銀行カードローンではありません。