%e5%88%9d%e3%82%81%e3%81%a6%e3%81%ae%e9%8a%80%e8%a1%8c%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3

銀行カードローンを使って借りたお金は使い道が自由ですので、生活費や買い物の費用としても使う事ができのでとっても便利ですよね。

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングのサービス内容は同様ですが、銀行カードローンの方が消費者金融よりも好条件でお金を借りれるので、初めての借入には銀行カードローンがオススメです。

実際カードローンに申し込むとなっても初めての方は分からない事だらけだと思います。そんな方に向けてこのページでは銀行カードローンの基本的な情報や申し込み・契約方法の手順を分かりやすくまとめているので、銀行カードローンの利用を検討している方は参考にしてみて下さい。

銀行カードローンの特徴

  • 消費者金融よりも好条件で借りれる
  • 無料でATMから借入・返済できる
  • 素早く借りれる
  • インターネット上で全ての手続きを完結させれる

銀行カードローンにはこれらの特徴がありますが、一番の魅力といえば優しい金利設定でお金を借りれる点です。金利が好条件であれば支払う利息を抑えれるので消費者金融よりも返済負担を少なくしてお金を借りる事が可能です。

銀行カードローンの利用手順

  1. 利用する銀行カードローンを決める
  2. 申込方法を決める
  3. 借入方法を決める
  4. 返済方法を決める

おおまかな手順は上記の通りです。

利用する銀行カードローンを決める

まずは自分が借入する銀行カードローンを決める事から始めましょう。自分のニーズにあった銀行カードローンを選ぶ事がポイントになります。

素早く融資を受けたいなら・・・

  • じぶん銀行じぶんローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

この3つの銀行カードローンはWEB完結に対応しています。WEB完結とは、インターネット上で全ての契約を完了させれるサービスの事です。

スマホやパソコンを使って何処からでも申込めるのが特徴で、平日の13時~14時前後までに契約できれば素早く振込融資を受けれる特徴があります。

ローンカードを今日中に受け取ってATMから借りたいなら・・・

  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三井住友銀行カードローン

この3つの銀行カードローンには自動契約機が備え付けられているので、自動契約機で契約する事でカードを直接受け取る事ができます。自動契約機なら申し込みからカード発行まで1時間程度なので、時間が無い方にオススメの銀行カードローンです。

オススメは営業時間の長い新生銀行カードローン レイクです。

新生銀行カードローン レイク詳細ページ

高額な融資を受けたいなら・・・

  • みずほ銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン

この2つの銀行カードローンは、最大融資額が800万円~1,000万円とかなり高く設定されているので、大口の融資を受けたい時にぴったりです。金利も銀行カードローンの中でかなり好条件の部類に入るカードローンなのでお得に借りる事ができます。

オススメは他の銀行カードローンをも圧倒する条件の住信SBIネット銀行カードローンです。

住信SBIネット銀行カードローン詳細ページ

申込方法を決める

利用したい銀行カードローンを選択したら、次は申し込み方法を決めなければなりません。銀行カードローンには下記の申込方法があります。

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット
  • 電話
  • 郵送
  • 自動契約機
  • 店舗窓口

現在はパソコン・スマホ・タブレットを使ってWEBからの申し込みが主流となっています。

WEB申し込みのメリット

  • 好きな場所から好きな時に申し込みができる
  • 誰にも見られる心配がない
  • 窓口に行く手間が無い
  • 郵送する手間が無い

WEB申し込みのデメリット

  • 平日の13時~14時前後までに契約をしないと融資がおそめ
  • カードが自宅に郵送される

WEB申し込みにはこれらのメリットとデメリットがあります。素早く振込融資を受けたい方は、平日の13時から14時前後までに契約を完了させておく必要があるので、急ぎの方は昼前には申し込みをしておいた方が良いでしょう。

WEBで契約をすると後日カードが自宅に郵送されるので家族に内緒で借りたい方にとっては不便です。家族にバレずにお金を借りたいのであれば自動契約機での申し込みがオススメです。

自動契約機で申し込むメリット

  • 土日祝・夜間問わず素早い融資可能
  • カードがその場で発行されるから郵送物が無い
  • 申し込みから契約までスピーディー
  • 分からない事があれば即座にオペレーターが対応してくれる

自動契約機で申し込むデメリット

  • 自動契約機まで足を運ぶ手間がある
  • 誰かに見られる可能性がある
  • 審査を待つ時間が退屈
  • 自動契約機数が少ない
  • 自動契約機のある銀行が限られている

自動契約機は急ぎでお金を借りたい人にオススメですが、新生銀行カードローン レイク・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の3行しか自動契約機が無いうえに、自動契約機の数もそこまで多くないので利用できる人は限られています。

三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行に限っては銀行内に自動契約機が設置されているので、少し周りの目が気になるかもしれません。

借入方法を決める

借入方法は以下の2つです。

  • 振込融資
  • カードを使ってATMで借りる

カードが到着するまでは基本的に振込で融資を受ける事しかできません。ただ、振込融資は様々な場面で役立ってくれる優れた借入方法です。

例えば明後日がクレジットカードの引き落とし日なのに口座にお金が入っていない時や、光熱費の引き落とし日までに口座にお金を入れる事が出来ない時に振込融資は役立ってくれます。

友人や会社の人と飲みに出た時にウッカリ財布にお金を入れ忘れる事があると思いますが、ローンカードを持っていればカードを使ってATMからお金を借りれたり、急にお金が必要になったけどキャッシュカードの利用時間外でお金をおろせない時などに、カードを使ってお金を借りる事で難を逃れる事ができますね。

カードが手元にあれば基本的にカードで借入する方法がオススメです。

返済方法を決める

返済方法は以下の4つ。

  • ATMで返済
  • 口座から自動引き落とし返済
  • ネットバンクでネットから返済
  • 指定の口座に振込返済

基本的にはATMで返済する方法が手間がかからず便利です。

自動引き落としに指定している場合、万が一口座にお金が入っていないと延滞扱いになってしまい遅延損害金が発生してしまう可能性がありますので、口座にあまりお金を入れておかない人にはオススメできません。

ネットバンクで返済する方法や指定口座に振込で返済する方法は便利ですが、振込先を指定したりする手間がかかるので基本的にはATMからの返済がオススメです。

さいごに

銀行カードローンは良心的な金利で融資も早く安心して借りれるメリットがありますが、借金という事にはかわりありません。きちんと返済計画を練ってから利用しなければ利息はどんどんと膨れ上がって借金地獄に落ちる可能性だってあります。

カードローンを利用する際は、計画的かつ余裕をもった融資を受けるようにしましょう。

借入の基礎知識はこちらから【銀行でお金を借りる