審査厳しい嘘

銀行カードローンの審査の方が厳しいというイメージがついていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?銀行カードローンの審査に厳しいイメージがあるのは、厳格な銀行が審査を行っているから厳しいと思われているのではないでしょうか?

初めに言っておきますが、保証会社に消費者金融がついている場合は、その保証会社に指定されている消費者金融が審査を行っています。

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社を勤めているのはアコム株式会社ですので、三菱東京UFJ銀行カードローンの審査はアコムが行っていることになります。

下記の画像は、三井住友銀行カードローンの留意点です。

三井住友銀行カードローン保証会社

SMBCコンシューマーファイナンスの昔の社名はプロミス株式会社。三井住友銀行がカードローンの審査を行っている訳ではなく、プロミスが行っているという事が分かります。

銀行カードローンの保証会社は信販会社や消費者金融がついている事が多いです。一般的に消費者金融は審査ハードルは低めです。これを知って、銀行カードローンの審査が厳しいと言えるのでしょうか。

保証会社がしている事

  • 銀行カードローンの審査
  • 貸付金の保証

保証会社が行っているのは、銀行カードローンの審査と借入者が銀行から借りたお金を返済できなかった場合に肩代わりをして銀行に返済を行っています。

保証会社が借金を肩代わりしたその瞬間から借入者は保証会社に返済していかなければなりません。肩代わりしてくれるから安心・・・という訳にはいかず、むしろ保証会社が肩代わりする事によって、借入者の返済負担は更に上がります。

保証会社は高金利になっているので、条件の良いの銀行から高金利の消費者金融に借換えするイメージです。

保証会社には100%契約している

保証会社になんて自分は契約していないし保証会社に返す理由は無い!と考える人も居るでしょうが、銀行カードローンに契約した時点で保証会社と契約した事になっています。

銀行カードローンは保証会社を確実につけているし、契約の同意欄には「保証会社◯◯の保証を受ける事ができる」という項目が確実にあります。

下記の画像は同意欄ではないが、利用対象者の欄に保証を受けれる方という記載がされています。

保証会社アコム

銀行カードローンに契約する=保証会社とも契約するという事は確実なので、保証会社への返済を拒む事は絶対に出来ないのです。

各銀行カードローンの保証会社一覧

銀行カードローン名 保証会社名
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム株式会社
じぶん銀行カードローン
セブン銀銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス
ジャパンネット銀行カードローン
新生銀行カードローン レイク 新生フィナンシャル株式会社
東京スター銀行

基本的には消費者金融や信販会社が保証会社になっている事がわかります。

保証会社が大手のメリット

ちなみに三菱東京UFJ銀行カードローンや、じぶん銀行じぶんローンの審査がスピーディーですが、このスピーディーさはアコムが保証会社についているからこそのスピーディーと言えます。

アコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)などの大手が保証会社についていれば、本来自社のキャッシングで使っている審査ノウハウを銀行カードローンの審査に使う事ができるので審査が非常に早いという訳ですね!

アコムなどの保証会社が付いている銀行カードローンは、基本的に素早い融資が可能なものになっています。きちんとした保証会社がついていれば、こういった恩恵も受ける事ができるので保証会社がどこなのかを確認してみるのも良いでしょう。

関連記事:【素早い融資が可能な銀行カードローンを選出|急ぎの方は要チェック!

大手保証会社の審査項目

大手保証会社は自社キャッシングで行っている審査項目を基盤として銀行カードローンの審査を行っています。

審査で特に重要になるのは下記の項目です。

  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 収入形態
  • 金融事故歴
  • 他社借り入れ件数
  • 他社借入額
  • 年収

主にこの7点に審査の重点を置いています。自社キャッシングの審査と保証を請け負っている銀行カードローンの審査では少しハードルの高さを異ならせているようですが、さほど大きな違いはありません。

アコムで借入できるのであれば三菱東京UFJ銀行カードローンでも借入できる可能性が高いという訳ですね!

銀行カードローンの審査で重要になるポイントをまとめた記事もあるので、そちらも参考にしてみて下さい。>>【銀行カードローンの審査ポイント

最後に

銀行カードローンの審査は厳しいと言われていますが、そこまで心配する必要はありません。

ただ、住信SBIネット銀行カードローンの様な超高条件で借りれるカードローンは確かに審査ハードルは高いです。年収や勤続年数がある程度まで達していないと利用できない銀行カードローンもあります。

ただ、普通に仕事をして借金の滞納も無く普通に過ごしていれば、銀行カードローンの審査に通る事は可能です。