ginkoukariiretejun

銀行カードローンはインターネットを使って申込をする方法が一般的になっていますが、その他にも自動契約機で申込をしたり電話と郵送を使って申込をする方法もあるので、自分にあった申込方法をチョイスすると良いでしょう。

ただ、各申込方法にはメリットやデメリットがあり、それらのポイントを抑えて利用しなければ手間や時間がかかって思うように銀行カードローンを使えない場合もあるので、しっかりと確認しておく必要があります。

今回は銀行カードローンを使ってお金を借りる手順とメリット・デメリットについて分かりやすく解説しているので参考にしてみて下さい。。

銀行カードローンでお金を借りる手順

まずは銀行カードローンを使って申込からお金を借りるまでの手順を1から確認していきましょう。

申込方法

  • インターネット(パソコン・スマホ・タブレット)
  • 電話
  • 郵送
  • 自動契約機

基本的な申込方法は上記の4つになります。銀行の店頭窓口で申し込む方法もありますが、それは銀行によって契約方法が大きく異るようなので今回は省いています。では、各申込み方法によって手順やメリット・デメリットを見ていきましょう。

◆インターネットで申し込む場合 オススメ度:★★★★★

  1. 銀行ホームページに行き必要事項を記入して申し込む
  2. 申込確認の連絡(メールor電話)
  3. 必要書類の提出
  4. 審査
  5. 審査結果の連絡(メールor電話)
  6. 契約手続き
  7. 契約完了
  8. カード発送(振込ですぐに融資も受けれる)

インターネットでの申込は最もポピュラーな申込方法です。パソコンやスマホを使って申込をしたい銀行の公式ページに行き、カードローンの申込みボタンを押して申し込む方法になります。

ボタンを押せば必要事項を記入するページが表示されるので、名前・住所・勤務先などの情報を全て記入して情報を送信しましょう。情報が送信されれば、申込確認の電話が指定した連絡先にかかってくるので受け取ってから審査が開始されます。

大手の銀行であれば、何日も待つ必要はありません。審査開始前か審査の最中に身分証明書や収入証明書などの必要書類をスマホで撮影してアップロード形式で送信します。審査結果の連絡は電話かメールで行われるので確認しましょう。

審査に通過できていれば契約手続きを行い、契約完了後にカードが郵送されます。カード到着前でも振込で融資を受ける事ができるので、急ぎでお金が必要な人は振込融資を受けましょう。

インターネット申込のメリット

  • 来店する必要が無い
  • 誰にも見られない
  • 何処からでも申し込める
  • 365日24時間申し込める
  • 書類はスマホで撮ってアップロードするだけだから郵送不要
  • 平日14時前後までに契約すれば即日振込融資可能

インターネット申込のデメリット

  • 土日祝・15時以降に申し込むと即日振込みが不可能
  • インターネットに不慣れな人は手間取る可能性あり

◆電話で申し込む場合 オススメ度:★★☆☆☆

  1. 電話で申し込む
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡が届く(電話or郵送)
  4. 利用申込書が自宅に郵送される
  5. 必要事項を記入した申込書と必要書類を返送する
  6. 契約完了
  7. カードが自宅に郵送される

電話申込は昔ながらの申込方法です。電話で必要な情報を口頭で伝え審査が開始されるので、最初の申込は手間がかからず簡単に審査を受ける事ができます。審査結果の連絡は電話または郵送で届けられます。

審査に通過していれば利用申込書が自宅に郵送されるので、申込書に必要事項を記入し、運転免許証や収入証明書などの必要書類を添えて返送しましょう。

返送が完了すれば契約が完了してカードが自宅に郵送されます。カード郵送までに振込で融資を受ける事も可能です。電話申し込みは手っ取り早く申し込めますが、郵送の時間もかかるので実際に融資を受けれるのは1~2週間後になってしまうのが大きなデメリットです。

電話申し込みのメリット

  • 申し込みが簡単
  • 分からない事を聞きながら申し込める
  • 審査開始まで早い

電話申し込みのデメリット

  • 融資までに1~2週間かかる
  • 郵送の手間がかかる
  • 書類に記入する手間がかかる

◆郵送で申し込む場合 オススメ度:★☆☆☆☆

  1. 申込書類に必要事項を記入して郵送し申し込む
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡が郵送で届く
  4. 郵送物の中にある契約書類に必要事項を記入し、必要書類を沿えて返送
  5. 契約完了
  6. 契約完了後に郵送でカードが自宅に届く

申込書類はFAXでコピーして用意しなければなりません。用意した申込書類に必要事項を記入し郵送して申込をしましょう。郵送が完了すれば審査が開始され、審査結果の連絡が郵送で自宅に届きます。

審査結果の連絡勝利の中に契約書類も同封されているので、契約書類に必要事項を記入し、運転免許証などの必要書類を沿えて返送しましょう。返送が完了すれば契約が完了します。

契約完了後に郵送でカードが自宅に届くので、そのカードを使って借入が可能です。振込で融資を受ける事もできるので、自宅にカードが届くまでに融資を受けたい人は振込融資を活用してみましょう。

郵送申込のメリット

  • インターネットに弱い人でも簡単に申し込める

郵送申込のデメリット

  • 書類に直筆で記入する手間がかかる
  • 郵送する手間がかかる
  • 郵送を待つので融資までに時間がかかる

◆自動契約機で申し込む場合 オススメ度:★★★★☆

  1. 必要書類を持って自動契約機へ行って申し込む
  2. 審査
  3. 審査結果がタッチパネル上に表示
  4. 必要書類をスキャンさせて提出
  5. 契約完了
  6. 契約完了後にカードが自動契約機から発行される

自動契約機は一番スピーディーに借りれる申込方法です。身分証明書と借入希望額によって収入証明書を準備して自動契約機へ行って申込をしましょう。タッチパネル上に操作方法が分かりやすく表示されるので、指示に従って申し込みましょう。

申し込みが完了すれば審査が開始され、審査結果はタッチパネル上に表示されます。審査に通過できたら必要書類をスキャンさせ契約が完了です。契約完了直後にローンカードが直接発行されるので、自宅に郵送されるものは何一つありません。

自動契約機申込のメリット

  • 操作方法が分かりやすく申し込みしやすい
  • カードが直接発行されるので郵送物が無い
  • 必要書類はスキャンするだけでOK
  • 最短40分程度で融資可能

自動契約機申込のデメリット

  • 自動契約機まで行く手間がかかる
  • 誰かに見られる不安がある
  • 自動契約機のある銀行が限られている(三菱東京UFJ銀行・新生銀行レイク・三井住友銀行)

オススメの申込方法はインターネットと自動契約機!

銀行カードローンに申し込むオススメの方法は、インターネットと自動契約機の二つです。インターネットで申し込む方法は、とにかく手間がかからないし誰にも見られないという点が大きなメリットになっています。

インターネットから申込をして自動契約機でカードを受け取るというインターネットと自動契約機を併用して申し込む方法もあるので、自分にあった申込方法をチョイスしてみると良いでしょう。

インターネットが使えない人は郵送または電話で申し込む他ないが、インターネットが使える環境にあるのであれば電話・郵送を選択する必要性はありません。