申込みブラック

銀行カードローンは審査が厳しいと言われているので、審査に落ちてしまう不安から同時に復数の銀行カードローンに申し込みをしてしまう人が多いようです。しかし、短期間のうちに立て続けに銀行カードローンに申し込みをしてしまうと、申込みブラックになってしまい審査に落ちやすくなってしまいます。

銀行カードローンに申し込みをした情報は信用情報機関に記録されるのですが、銀行は信用情報機関をチェックする事ができるので、いつ何件申し込みをしたのかが分かってしまうのです。

一ヶ月間に3社以上に申し込みをすると「申し込みブラック」になると言われていますが、申し込みをした記録は信用情報機関に最長で6ヶ月間は記録されるので、信用情報機関に記録が残っている間は新たに申し込みをしないようにしましょう。

ここでは、申込みブラックにならないための情報や対処方法についてまとめてみたので参考にしてみて下さい。

申込みブラックにならないためには

  • 同時に申し込みをして良いのは2社まで
  • 銀行で落ちたら再度銀行に申し込まない
  • 完済できそうな他社借入があれば完済してから申し込む

短期間のうちに3社以上に申し込みをしてしまうと申し込みブラックになってしまいます。申込みブラックになってしまうと銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの審査にも通過できなく可能性があるので要注意です。

申込みブラックにならないためには、短期間に複数社に申し込みをしない事が重要になります。どうしても審査が不安で複数社に申し込みをしたい場合は、「同時に申込めるのは2社まで」と頭に入れておくと良いでしょう。

また、銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合は再度銀行カードローンに申し込みをするのではなく消費者金融のキャッシングに申し込みをしてみると良いでしょう。

銀行は審査ハードルが高いと言われていますが、消費者金融は銀行ほど審査ハードルが高くないため銀行カードローンの審査で落ちてしまった場合でも通過できる可能性があるので挑戦する価値ありです!

銀行カードローン審査落ちの要因

銀行カードローンの審査に一発で通過できれば、申し込みブラックにならずに済みます。銀行カードローンではどのような事が審査されているのかを知る事で、申込みブラックを回避できる可能性もあがるので確認しておきましょう。銀行カードローンの審査に落ちてしまう要因は下記にあります。

  • 勤続年数が1年未満
  • 他社借入件数が4社以上ある
  • 年収に近い他社借入額がある
  • 債務整理や自己破産をした経歴がある

まず、審査に通るには定期的に安定した収入を得ている必要がありますが、それは勤続年数などで判断される事が多いです。勤続年数が短ければ継続的に安定した収入を得ていると判断されにくいので、最低でも1年以上の勤続年数は必要になります。

つぎに、他社借入件数が4社以上あると銀行カードローンの審査に通過する事はかなり難しいです。他社借入件数が多いと返返済する事が難しいと判断されるのが理由にあります。もし他社借入件数が4社以上あるのであれば「おまとめローン」を使って借金を一社にまとめてから銀行カードローンの審査に挑戦してみる事をオススメします。

他社借入額も審査で厳しく見られます。年収が300万円の人に300万円の借金があったらどう思いますか?安定して完済できる可能性は低いと思いますよね。新たに借入をするよりも、まずは今ある借金を返済していく事を考えた方が良いかもしれません。

また、過去に債務整理や自己破産をした経歴があると最長10年は新たに借入する事ができません。債務整理者でも貸付してくれる消費者金融はありますが、銀行カードローンで貸してくれるところはまず無いのです。

これらの審査落ちの要因が自分にあるかどうかを再確認してから銀行カードローンに申し込んでみると良いでしょう。思い当たる点が一つでもあれば、改善できるまで銀行カードローンへの申し込みは先送りにした方が良いかもしれません。

申込みブラックになった時の対処法

申込みブラックになった時の対処法は、最終の申し込みから6ヶ月間は新たに銀行カードローンに申し込みをしないようにする事です。

信用情報機関には最長で6ヶ月の間申し込み記録が残ってしまうので、6ヶ月間申し込みをしなければ申し込み記録は真っ更な状態になり、クリーンな状態で再度銀行カードローンの審査に挑戦する事ができます。

申込みブラック中に何度も何度も申し込みをしてしまうと銀行自体からブラック扱いを受けて一生申し込みができない状況になる可能性もあるので、6ヶ月間は我慢してほとぼりが冷めるのを待った方が良いです。

申込みブラックでも借りれる金融業者に要注意

申し込みブラックになると、カードローン以外にもクレジットカードや住宅ローンなどの各ローンの審査に通過できなくなってしまいます。ただ、中には申込みブラックでも申込めると謳っている金融業者も存在しています。

しかし、「申込みブラックでも借りれる」と謳っている金融業者には要注意しなければなりません。

こうったい金融業者は悪徳業者である可能性が非常に高く、実際に借りれたとしても法外な利息を請求されたり、返済できなかった場合は強制的な取り立てが行われたりと、怖い思いをしてしまう事にもなり兼ねないので、申込みブラックでも貸してくれる金融業者には要注意です!