銀行カードローン特徴

銀行カードローンとは、カードを使って利用用途自由のお金をATMから引き出す事ができる銀行のローンサービスの事です。

銀行カードローンの他にも同様のサービスを行っている消費者金融や信販会社のキャッシングがありますが、キャッシングと銀行カードローンでは特徴やメリット・デメリットが異なっています。

今回は主に銀行カードローンの特徴やメリット・デメリットについてまとめてみたので参考にしてみて下さい。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンには、以下の特徴があります。

  • 消費者金融や信販会社に比べて金利が良心的
  • 1,000万円の高額融資に対応しているものもある
  • 銀行が直接融資を行っているので安心感がある
  • 借りたお金の使いみちは自由(事業性のあるものは不可)

銀行カードローンの最大の特徴は、「金利が良心的」「銀行ならではの安心感」「融資限度額の高さ」が挙げられます。

銀行カードローンは金利が良心的

銀行カードローンがどれだけ金利が良心的なのかというと、消費者金融や信販会社のキャッシングと比較してみると分かりやすいです。

 金融業者 金利(実質年率)
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
アコム(消費者金融) 3.0%~18.0%
プロミス(消費者金融) 4.5%~17.8%
オリコCREST(信販会社) 4.5%~18.0%
セディナフォーライフ(信販会社) 8.0%~18.0%

この表を見てみると大手消費者金融や大手信販会社と比べて銀行カードローンは4%近く最大金利に違いがある事が分かります。

初めてカードローンに契約する場合は最大金利が適用される可能性が高いので、金利で比較するなら最大金利を目安にしすると良いでしょう。

銀行カードローンの平均最大金利:14.5%前後

消費者金融・信販会社の平均最大金利:18.0%前後

消費者金融で借りる場合は総量規制に注意

❏総量規制とは?

総量規制とは、賃金業法の中にある規制の一つで、「賃金業者から借入できる額は年収の3分の1の額まで」と、借入額を制限される規制の事だ。この他にも、専業主婦が賃金業者を利用する場合は、配偶者の同意書や結婚証明書を賃金業者に提出する義務がある。

総量規制に関してもっと知りたい方はこちらを参考にしてください。>【総量規制の解説まとめ

貸金業者に適用されるのが消費者金融や信販会社です。消費者金融や信販会社等の貸金業者から借入する場合には年収の3分の1が融資の限度額になるので注意が必要です。

銀行カードローンは融資限度額が高い

銀行カードローンは最大融資限度額が高めに設定されているものが多いです。

 金融業者 最大融資限度額
住信SBIネット銀行カードローン 1,200万円
みずほ銀行カードローン 800万円
三井住友銀行カードローン 800万円
楽天銀行スーパーローン 800万円
アイフル(消費者金融) 500万円
プロミス(消費者金融) 500万円
オリコCREST(信販会社) 500万円

銀行カードローンは最大融資限度額が800万円~1,000万円なのに対して、消費者金融や信販会社は最大融資限度額が500万円のものが多いですよね。

融資限度額が高ければ高いほど利用の幅が増えますし、おまとめローンとしても活用しやすくなります。しかも、銀行カードローンは消費者金融よりも金利条件が良いので、尚更大口の融資を受けやすくなる訳です。

ただし、はじめから銀行カードローンを使って800万円や1,000万円の融資を受けれる訳ではありません。融資限度額は審査によって決められるので、例え最大融資限度額が1,000万円だった場合でも融資してもらえる額は100万円以下になることもあるのです。

大口融資を受けたいのであれば、カードローンの利用実績を作って増額してもらうほかありません。

銀行カードローンの増額に関する情報はコチラ>>【銀行カードローンの増額方法

どの銀行カードローンを選ぶべきか

地方銀行もカードローンを提供しているので普段使いしている地方銀行のカードローンを利用するのも手ですが、地方銀行のカードローンは大手銀行カードローンよりも利便性やお得感に欠けている事が多いのが現実です。

大手銀行カードローンは、全国の人が利用できるのでカードローンのサービス経験も豊富で消費者金融並のサービスを提供している銀行もあります。

どの銀行カードローンを選ぶべきか迷った時には金利条件も良く消費者金融並のサービスを提供している三菱東京UFJ銀行カードローンや、圧倒的な金利条件でどこよりもお得に借りる事ができる住信SBIネット銀行カードローンの利用をオススメします!