借入診断まとめ

銀行カードローンを利用するには審査に通過する必要がありますが、通過できるかどうかは申し込みをしてみなければ分かりません。

審査に通過できるかは誰しもが不安に感じると思いますが、簡易的に審査に通過できるかどうかを診断できるツールが各銀行カードローンに備え付けられているので、診断ツールを使って事前に確認してみる事をオススメします。

各銀行カードローンのホームページに行くと、「借入診断」や「仮診断」などのツールが用意されているので、まずは診断ツールを使って自分が借入できるかを簡易的に診断してみましょう。

この記事では、借入診断ツールのある銀行カードローンと診断ツールの使い方について触れています。

借入診断のある銀行カードローン

銀行カードローン名 金利(実質年率) 融資限度額 診断項目数
新生銀行レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 4項目
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 10万円~500万円 3項目
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 10万円~800万円 4項目
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 30万円~800万円 4項目
住信SBIネット銀行カードローン 0.99%~14.79% 10万円~1,200万円 4項目

借入診断で記入する項目

  • 年齢(生年月日)
  • 年収
  • 他社借り入れ件数
  • 他社借り入れ額
  • 性別・独身既婚
  • 保険証種別

各銀行カードローンによって記入する項目が異なりますが、基本的には上記の項目を記入する事で診断結果を知る事ができます。借り入れ診断結果は即座に表示されるので、数秒~1分程度で診断できる手軽さがあるので気軽に挑戦してみましょう!

新生銀行カードローン レイク「お借り入れ診断」

新生銀行カードローンレイクの借入診断で記入する項目は以下の4つ。

  • 生年月日
  • 本人年収
  • 他社借入件数
  • 他社借入金額
  1. レイク借入診断

  2. レイク借り入れ診断2

年収300万円で他社借り入れ件数が2件、他社借入金額が50万円でも融資可能という結果が表示されました。

色々と試してみましたが、他社借り入れ件数が5件以上あったり、年収が極端に低く他社借入金額が多かったりすると、「ご入力いただいた情報ではお借り入れ可能か判断できませんでした。」と表示されました。

また、年齢もレイクの年齢条件に合っていなかった場合はNG扱いになるようです。

新生銀行レイク詳細ページ

三菱東京UFJ銀行カードローン「お借入診断」

三菱東京UFJ銀行カードローンの借り入れ診断で入力する項目は下記の3つ。

  • 生年月
  • 性別・独身既婚
  • 他社借入件数
  • 他社借入額
  1. バンクイック借入診断

  2. バンクイック借入診断2

三菱東京UFJ銀行カードローンの借入診断では年収を記入するところはありませんでしたが、独身か既婚かを記入する項目がありました。審査では既婚の方が有利になるようなので、あえて独身を選択して他社借入額を100万円と多めに設定して診断してみましたが、利用可能という結果が表示されました。

他社借り入れ件数を5件に変更してみると、「ご入力いただいた内容では、バンクイックのご利用が可能か判断できませんでした。」という結果が表示されました。

銀行カードローンの審査では他社借り入れ件数がかなり重要視される事がわかりますね・・・。

三菱東京UFJ銀行カードローン詳細ページ

楽天銀行スーパーローン「おためし診断」

楽天銀行スーパーローンの借入診断で記入する項目は下記の4つ。

  • 生年月日
  • 職業
  • 他社借入額
  • 年収
  1. 楽天銀行借入診断

  2. 楽天銀行借入診断2

楽天銀行スーパーローンの借入診断では、職業を選択する項目がありました。

楽天銀行スーパーローン詳細ページ

イオン銀行カードローン「簡単お借入れ診断」

イオン銀行カードローンの借入診断では、下記の4つの項目の記入が必要。

  • 年齢
  • 職業
  • 前年度年収
  • 他社借入額
  1. イオン銀行借入診断

イオン銀行カードローンでは、前年度年収を記入する項目があったので、アルバイト働きを想定して年収を200万円に設定してみました。また、他社借入額を100万円と高めにも設定してみた結果、融資が可能と思われる結果が表示されました。しかし、他社借入額を200万円にしてみたところ、「借り入れ可能か判断できませんでした。」という結果が表示されました。

イオン銀行カードローンの借入診断のハードルはかなり低いのでしょうか?あくまでの仮診断の結果・・・という事でしょうね

イオン銀行カードローンBIG詳細ページ

住信SBIネット銀行カードローン「お試し診断」

住信SBIネット銀行カードローンの借入診断で記入する項目は下記の4つ。

  • 年齢
  • 保険証種別
  • 他社借入件数
  • 他社借入額
  1. 住信SBIネット銀行借入診断

  2. 住信SBIネット銀行借入診断2

住信SBIネット銀行の借入診断では保険証種別を選択する項目がありました。この項目は他の銀行カードローンでは見られなかった選択項目です。

保険証種別の項目では、社会保険証・国民健康保険証・組合,共済保険証・船員保険証の4つの選択肢があったので、一番不利になると考えられる国民健康保険証を選択して、他社借入件数を3件、150万円の他社借入額に設定してみたところ、普通に借り入れ可能という診断結果が表示されました。

住信SBIネット銀行カードローンは、かなりの好条件で借入できるので借入診断も厳しく設定されていると思いましたが、そうでは無いようです。

住信SBIネット銀行カードローン詳細ページ

借入診断まとめ

各銀行の借り入れ診断をしてみて分かった事が、かなりのガバガバ設定という事です。むちゃくちゃな設定をしても借り入れ可能と診断される事がほとんどでした。

5件を超える他社借入件数を入力したり、自分の年収を上回る他社借入額がない限りは融資可能と診断されます。借入診断をさせて申し込みし易い精神状態に持っていくためのツールだと私は感じましたね・・・。

借入診断はあくまでも診断なので、診断結果が借入可能と表示されても本審査で問答無用で落とされる可能性もありますので、あまりあてにしない方が良いと思います。