保証会社審査

銀行のカードローンと言うと審査が厳しいイメージがありますが、基本的に審査を行っているのは銀行では無く「保証会社」が行っています。保証会社とは、借り手が万が一銀行に返済できなかった時に代わりに返済してくれる会社のことです。

借金を肩代わりしてくれる考えで間違いはありませんが、保証会社が代わりに銀行に弁済した場合、今度は肩代わりしてくれた保証会社に残りの借金を返済していく必要がありますので、借金が無くなる訳ではありません。

保証会社に付くのは消費者金融や信販会社がほとんどですので、返済先が保証会社になった場合、銀行に返済していくよりも高金利になり返済負担が増えるデメリットがあります

ちなみに、保証会社に債権が移るという事は銀行へ長期滞納を行っていることになるので、信用情報機関には金融事故の情報として記録されます。金融事故歴があるとカードローンに限らず様々なローンの審査に通過できなくなってしまいます。

保証会社の審査基準について

審査基準は保証会社によって異なっています。保証会社ごとに独自の審査基準を設けているので、申し込みをした銀行に付いている保証会社が審査の厳しい保証会社であれば当然その銀行カードローンの審査も厳しくなってしまいます。

消費者金融は一般的に審査ハードルが低いと言われていますが、あくまでも銀行カードローンの保証会社として審査を行っているので、消費者金融のキャッシングの審査基準とは異なっています。

例えば、「消費者金融のアコムの審査に通れたのに保証会社がアコムの銀行カードローンの審査には落ちた」という事はあります。保証会社に消費者金融が付いているからといって簡単に審査に通れる訳では無いので、その点は注意しておきましょう!

同じ保証会社でも銀行ごとに審査基準が違う

1つの保証会社は復数の銀行カードローンの保証を行っていますが、その保証会社が担っている銀行カードローン全ての審査基準が同一とは限りません。

例えば、「三菱東京UFJ銀行カードローン」や「じぶん銀行カードローン」には消費者金融のアコムが保証会社に付いていますが、この二つの銀行カードローンの審査基準が全く同じという訳では無いのです。

銀行カードローンの条件等によって保証会社は審査基準を変えているので、好条件な銀行カードローンほど審査ハードルを高くしている傾向があるようです。

保証会社によって審査時間が違う

保証会社に審査の早い大手消費者金融が付いていれば、必然的にその保証会社が付いている銀行カードローンの審査時間も早くなります。

急ぎでお金を借りたいのであれば、審査時間の速さに定評がある大手消費者金融が保証会社についている銀行カードローンを選択してみると良いでしょう。

関連記事【スピーディーな銀行カードローンを選出|急ぎの方は要チェック!

保証会社一覧
銀行カードローン 保証会社
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム株式会社
じぶん銀行カードローン
セブン銀行カードローン
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
(旧 プロミス株式会社)
横浜銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローン

保証会社にネガティブ情報が残っている事がある

借金の滞納や自己破産などの債務整理を行うと、信用情報機関に一定期間記録が残ってしまい審査に通過し辛くなりますが、一定期間経過すれば信用情報機関から情報が抹消され、クリーンな状態で審査に挑む事ができます。

しかし、保証会社によっては借金の滞納情報を自社内で保有している場合もあるので、信用情報機関から記録が消えたとしても、その記録を保有している保証会社がついている銀行カードローンには通過できない可能性がでてくるのです。

例えば、アコムが保証会社になっている三菱東京UFJ銀行カードローンで借金を滞納した場合、保証会社のアコムと信用情報機関がネガティブ情報を保有する事になります。一定期間経過すれば信用情報機関からネガティブ情報は抹消されますが、保証会社のアコムは情報を抹消する決まりは無いので、信用情報機関からネガティブ情報が抹消されたとしても保証会社にアコムが付いている銀行カードローンの審査には通過しにくくなっているのです。

もし保証会社にアコムが付いている銀行カードローンで滞納をしたりした場合は、新たに銀行カードローンに申し込む場合はアコム以外の保証会社が付いている銀行カードローンに申し込んだ方が良いでしょう。

銀行にネガティブ情報が行くこともある

立て続けに滞納したりすると信用情報機関と保証会社にネガティブ情報が残りますが、滞納の度が過ぎると銀行にもネガティブ情報が残ってしまいます。

銀行の信用を失ってしまうと、その銀行のローン全般を組めないほか、銀行口座を開設する事すら難しくなってしまいます。基本的にカードローンは大手のものを使う場合が多いと思いますが、大手銀行の信用を失ってしまえば今後の人生が色々と不便が生じてしまいます。

例えば、給与の振込口座を大手銀行に指定している会社は多いですが、信用を失うと銀行口座を開設できずに最悪給与を受け取る事ができない状態に陥ってしまう事もあります。

銀行カードローンの滞納は様々なデメリットが発生するので、絶対に滞納は避けなければなりません!