カードローンを選ぶポイント

カードローンは全国の様々な銀行や消費者金融が提供しているので、その中から自分に合った一つのカードローンを見つけ出すのはとっても難しいのです。初めてカードローンを利用される方は何を基準にして選べば良いのかが分からないと思いますし、カードローンは本当に安全なのかも分からないと思います。

今回はカードローン選びに困っている人に向けて、自分にあったカードローンの選び方や安心して借りれるカードローンの見分け方についてまとめてみたので参考にしてみて下さい!

カードローンの上手な選び方

カードローンは、「低金利」「融資速度」「利便性」など、各カードローンごとに特徴があります。まずは自分がどういったカードローンを使いたいのかを考えてみましょう。

例えば、急な飲み会の誘いで今日中にお金が必要になった時には「素早い融資が可能」なカードローンを選べば良いですし、できるだけ返済負担を軽くお金を借りたい場合には「良心的な金利」のカードローンを選ぶと良いでしょう。

お金を借りるなら安心して借りれる金融機関を選択するべきですから、大手消費者金融か銀行カードローンがオススメです。

では、大手消費者金融と銀行カードローンの特徴の違いについて見てみましょう!

大手消費者金融 銀行カードローン
金利 最大金利18.0%前後と高め 最大金利14.5%前後と低め
融資速度 最短即日融資が可能 申込から融資まで数日かかる場合有り
利便性 WEB完結や無利息期間などのサービスで利便性が高い 利便性は低め
自動契約機 全国1,000以上の自動契約機がある 一部地域に復数有り
安心度 銀行グループ傘下なので安心度は高い 銀行そのものなので安心度はかなり高い
返済方法 コンビニATM・振込・自動引き落としなど様々 返済方法はATMのみの銀行有り

大手消費者金融と銀行カードローンでは、これらの違いがあります。

消費者金融は金利が高めですが、利便性の面では銀行カードローンよりも優れています。銀行カードローンは消費者金融と比べて良心的な金利で銀行ならではの安心感があります。

融資速度で選ぶなら

融資速度で選ぶのであれば消費者金融がオススメです。大手消費者金融は基本的に最短即日融資に対応していますし、WEB上で申し込みから契約まで全て行えて最短即日振り込み融資にも対応しています。

ただし、消費者金融は金利の高さが大きなネックになっています。

金利の良心さで選ぶなら銀行カードローンです。最近の銀行カードローンは消費者金融同様の速さで借りれるものが増えてきていて、メガバンクが提供するカードローンも素早い融資が可能となりました。

良心的な金利なうえに融資速度の早い銀行カードローンを選ぶのが一番のグッドチョイスと言えます!

素早い融資が可能な銀行カードローン

消費者金融同様に口座不要で素早い融資が可能な銀行カードローンは次の3つ。

この3つの銀行カードローンには共通点があります。その共通点というのは「自動契約機がある」という点です。自動契約機があれば即日融資を受けれる可能性が格段にあがるので、銀行で素早い融資を受けたい方は自動契約機のある銀行カードローンがオススメです。

自動契約機とは

三井住友銀行ローン契約機

通常カードローンは契約完了後にカードが自宅に郵送され、カードが到着してからお金を借りる事ができます。しかし、自動契約機を使って契約を完了させれば、その場でカードが発行されるのでカードの郵送を待つ事なくすぐにお金を借りれるメリットがあるのです。

自動契約機は各銀行に設置されてあるので銀行に足を運ぶ手間がかかってしまいますが、素早く融資を受けたい方は自動契約機を使って申込をした方が確実と言えます!

関連記事:【素早い融資可能な銀行カードローンを選出|急ぎの方は要チェック!

新生銀行レイクは振込即日融資も可能

新生銀行カードローン レイクは、インターネットを使って申込をした場合でも振込で即日融資が可能です。

インターネットを使って即日振込み融資を受けるには平日の14時までに契約を完了させる必要があります。インターネットからの申込は24時間対応していますが、即日振り込み融資を受けるには平日14時までと決められているので申し込み時間に注意しましょう。

契約を完了させなければならない時間は平日の14時ですが、振込をしてもらうにはレイクのメンバーページから平日14時45分までに振込依頼をする必要があるので忘れないようにしましょう。

もし14時までに契約できなかったり14時45分までに振込依頼が出来なかった場合には、最寄りにある自動契約機を使ってカードを直接受け取ると良いでしょう。

インターネットから申し込みをして契約は自動契約機で行う事が可能なので、自動契約機をフル活用する事で即日融資を受けれる可能性が上がります。

金利で選ぶなら

良心的な金利のカードローンを探しているのであれば、銀行カードローンが断然オススメです。

消費者金融の金利は最大で年18.0%ですが、銀行カードローンの最大金利は年14.5%前後のものが多いです。はじめてカードローンを利用する方は基本的に最大金利が適用されるケースが多いので、金利で比較する場合には最大金利目安にすると良いでしょう。

各カードローンの金利一覧

カードローン名 金利(実質年率) 融資限度額
住信SBIネット銀行カードローン 1.89%~7.99% 10万円~1,000万円
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 10万円~1,000万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 10万円~500万円
アコム(消費者金融) 3.0%~18.0% 1万円~800万円
プロミス(消費者金融) 4.5%~17.8% 1万円~500万円

金利を見てみると、住信SBIネット銀行カードローンの金利がダントツで良心的で融資限度額もかなり高く設定されています。ただし、住信SBIネット銀行カードローンは学生や専業主婦の申し込みに対応していませんし、好条件なので他の銀行カードローンよりも審査ハードルは高めになっています。

問題なく利用するのであれば、三菱東京UFJ銀行カードローンがオススメです。

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は銀行カードローンの中でも平均的ではありますが、消費者金融と同様の利便性があるため金利が良心的かつ便利に使える銀行カードローンになっています。

どの銀行カードローンを利用すれば良いか迷ってしまった時には、三菱東京UFJ銀行カードローンを選択してみると良いでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン詳細ページはコチラ