皆さんガス代は毎月いくらぐらい払っていますか?

私は一人暮らしをしていた頃は毎月1万円程請求がきていました。その理由は、お風呂にお湯を毎回入れていた事と、体をゴシゴシしている間にもシャワーを出しっぱなしにしていたからです。理由は、寒いから。

私のガス代事情はさておき・・・ガス代を支払う事ができなかった場合、最終的にはガスを止められお湯が出なくなりお風呂にも入る事ができなくなります。THE・銭湯通い!

「ガス代が支払えないの状況なのに銭湯なんかに通ってられるか!」って話なんですが、不潔な体で会社や学校に行く訳にはいきません・・・確実にイジめられます。

そんなこんなで、今回はガス代が支払えない時の対処方法や、どれくらいガス代を滞納すると止まるのかを調べてまとめてみました。

ガス代を何日滞納するとガスが止まるのか

ガス代を滞納したその日の内にガスが止められるという事はありませんので、その点は安心して下さい。

ガスが止められるまでには次の段階が設定されています。

ガス代滞納滞納分の支払いまでの猶予ガス停止通知ガス停止

まず、ガス代を滞納した場合でも滞納分の支払期限がありますので、その支払期限までにガス代を支払えばガスが停止される事はありません。

支払期限は各ガス会社によって異なりますが、基本的には支払期限は検針日の翌日から30日目まで、大体のガス会社が決めています。

支払期限までに支払えなかった場合には延滞金が発生し始めます。延滞金も支払えず一定期間が経過した場合はガス停止通知が届き、それでも支払えない場合にはガスが停止されるという流れになっています。

支払期限は大体のガス会社で共通していますが、ガスが止められる日はガス会社によって若干の違いがあるようです。

  • 東京ガス⇒検針日の翌日から50日目~にガスが止められる
  • 東邦ガス⇒検針日の翌日から60日目~にガスが止められる
  • 仙台市ガス⇒検針日の翌日から75日目~にガスが止められる

このように各ガス会社によってガスが止まる時期は異なっていますので、ガスが止まる日を詳しく知りたい方はご自身が契約しているガス会社に問い合わせてみると良いでしょう。

ガス停止前には通知があるので要確認!

先程もお話しましたが、ガス代を未納しているからといって突然ガスを止められる訳ではありません。事前にガスの停止通知書が自宅に届くか、家の管理会社またはガス会社から電話通知がありますので、その通知を見逃さない様にしましょう。

通知書に記載されている停止日までに未納分を支払う事ができればガスが停止される事はありません。未納分の一部を支払う事でガス停止を免れる事もあるようですが、それはガス会社に直接電話をして相談する必要があります。

支払えない理由・何日までに支払えるという目処をしっかりと伝えればガス停止を免れれる事もありますので、とりあえずはガス会社に交渉してみる事から始めましょう。

ガス代を滞納すると延滞金が発生する

ガス代といえども支払うべきお金を支払わなかった場合には延滞金が発生してしまいます。

といっても、滞納した翌日から延滞金が発生する訳では無いので安心して下さい。延滞金が発生するタイミングは各ガス会社によって異なりますが、大体は検針日から40日間以降に延滞金が発生するようです。

滞納から約1ヶ月半未納が続くと延滞金が発生すると考えておくと良いでしょう。

延滞金はどれくらい取られる?

延滞金も各ガス会社によって異なりますが、大体のガス会社が日率0.0274%の延滞金を設定していますので、年率は約10%前後となっています。

例えば、1万円の滞納があったとすると一日あたり27円の延滞金が発生していくという訳です。1日おきに延滞金は発生していきますので、滞納分を長く放置しているとどんどん延滞金が積み重なっていってチリツモ状態になってしまうので要注意です。

  • 延滞金は日率0.0274%
  • 年率にすると約10%

※ガス会社によって異なる

ガス停止後に延滞分を支払ったら即座にすべき事

ガスが停止してしまった後に延滞分を支払った場合、ガスを開栓してもらう手続きを行わなければなりません。

ガス停止通知書にはガスの開栓を行ってもらう為の電話番号が記載されていますので、延滞分を支払ったら即座に電話をかけて支払い確認を済ませてガスを開栓してもらうようにお願いしましょう。

ガスを滞納し続けるとどうなる?

ローンの滞納をし続けると裁判沙汰になる事が多々ありますが、ガス代を滞納し続けると一体どうなるのでしょうか?

各ガス会社に問合せをしてみると、基本的には債権回収業者に委託して引き続き料金回収が行われるそうです。債権回収業者にも滞納分を支払わなければ、最終的に債権回収会社が裁判を起こす事があるようなので、必ず滞納分は支払う必要があります。

手持ちが無くてもガス代は今すぐ支払える!

手元にお金が無くてもカードローンを使えば今すぐガス代を支払う事ができます。

カードローンとは、銀行や消費者金融が提供している専用のカードを使って好きな時に好きな分だけお金を引き出す(借りる)事ができる便利なローンサービスです。

コンビニATMを使ってお金を借りる事もできますし、インターネットを使ってWeb上から振込融資を依頼したり、専用アプリを使ってワンタッチでお金を借りる事もできるスグレモノです。

借りたお金の使い道は基本的に自由なので、ガス代の支払いや生活費の足しにする事もできます。一部のカードローンでは一定期間無利息でお金を借りれるサービスも行っているので、少しだけ借りてすぐに返せば利息を1円も支払う事なくお金を借りる事も可能です。

低金利でお金を借りるなら銀行のカードローン、今すぐにお金を借りるなら消費者金融のカードローンがオススメ!

◆ガス代を支払うならカードローン!

ガス代を支払うならこちらのページでご紹介しているカードローンがオススメです!

関連記事:銀行でお金を借りる|失敗しない借入術を伝授!