新生銀行レイク審査
新生銀行レイクは30日間と180日間の選べる無利息サービスが特徴の銀行カードローンです。

ただ、金利が消費者金融同等の設定になっているので、低金利の三菱東京UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンと比べると特別感をあまり感じません。しかし、他の銀行と比べて自動契約機の設置台数の多さや、銀行でありながら積極的に即日融資を行っている点を考えると、利便性の面で秀でているようです。

利便性に優れている新生銀行カードローン レイクですが、審査面はどうなのかが気になったので口コミの情報を元に徹底的に解析してみました。

新生銀行レイクの審査基準

まず、新生銀行レイクを利用した人達の口コミを見てみるとこのような事が多く書かれていました。

▲

生活費を借りるためにレイクに申し込んでみました。21歳金欠アルバイターの僕でも審査に通過できる事ができましたし、お金を借りるまでの流れもスムーズで手早くお金を借りる事ができました。実際にかかった時間は1時間弱かな?

職業:大学生 アルバイト

▲

パート働きの主婦の私でも審査に通る事ができました!旦那に内緒で借りたかったので、ローン契約機を使って直接カードを受け取る方法を選択したのですが、ローン契約機はプライバシーが守られた作りになっていたので安心して申し込む事ができました。

職業:主婦 パート

▲

60近い年齢だし派遣社員だから借りれるか分からなかったけど、問題なくレイクの審査に通過できた。年齢と収入の不安があって申込前に問い合わせてみたけど、毎月安定した収入がある事が条件らしく、派遣だろうがバイトだろうが関係は無いそうだ。

職業:派遣社員

主婦・学生・申込年齢ギリギリの人やパート・アルバイトなどの正規雇用以外の人も借りる事ができています。この事から分かるように、新生銀行レイクでは年収の高さや職業は審査に大きく影響しないようですね。

では、新生銀行レイクの審査では何が大きく影響するのでしょうか?

新生銀行レイクの審査で大きく影響する点

▶滞納・債務整理者は審査落ちの可能性”大”

カードローンに限らずローン全般で頻繁に滞納している人は基本的に銀行カードローンの審査に通過する事はできません。借金を返済する能力の有無を審査で問われるので、延滞者にお金を貸しても返済してもらえる保証は何処にもないからです。

こういった事もあり、現在ローンの滞納が無くても過去にローン滞納によって自己破産などの債務整理を行った人も審査に通過する事は難しいです。ローンの滞納情報や債務整理などの情報は信用情報機関に記録されていますので、その情報が抹消されるまでは新生銀行レイクの審査に通過する事は難しいでしょう。

滞納・債務整理の情報は3年~5年は記録されるので、記録が抹消されるまで銀行カードローンへの申込は避けておきたいところです。

▶他社借入件数・他社借入額の影響

次に大きく影響するのが、他社借入件数と他社借入額です。4社以上から借入している場合は新生銀行レイクの審査に通過する事はできません。また、他社借入金額が年収の3分の1以上がある人も審査通過は難しいでしょう。

年収の3分の1の額が見合った借入額の目安となっているので、3分の1を遥かに超えた借入をしている人は審査通過は難しそうです。

関連記事:【他社借入が3件あっても新たに借りれるカードローンについて

▶勤続年数は最低でも1年以上必要

職業は問われていませんが、バイトでもパートでも最低一年の勤続年数が無いと審査通過は難しそうです。一年未満でも審査通過できる人は居るようですが、その場合は正規雇用として働いている人が通過するケースが多いようです。

新生銀行レイクは銀行の中でも審査ハードルは低め?

レイク自体は元々消費者金融として営業していたので、基本的な部分は消費者金融と変わらないようです。銀行といえども消費者金融のスタイルを基盤にしているので、低金利の銀行カードローンと較べて審査基準が異なっている感じもします。

低金利の大手銀行カードローンはパートやアルバイトの人が審査に通過できない場合もあるし、学生の申込を断っているところもあります。こういった面を考えれば、審査通過に不安を持っている人は新生銀行レイクを利用した方が良いのかもしれません。

専業主婦でも審査通過は可能

元々は消費者金融だが今では銀行カードローンになっているので、新生銀行レイクは総量規制対象外のカードローンです。総量規制対象外になれば専業主婦でも個人で申し込む事ができるので、専業主婦という理由で審査に落とされる事はありません。

ただし、専業主婦が審査に通過するには配偶者に安定した収入が必要です。安定した収入さえ得ていれば基本的に審査に通過できるはずです。

もちろん専業主婦でも過去にローン滞納や債務整理をしていたり、他社借入件数が4社以上あったりすると配偶者に収入があった場合でも審査落ちする可能性は高いので注意が必要。

関連記事:【専業主婦が旦那にバレずにお金を借りる方法をまとめてみた

年金も収入としてカウントできる

収入は給料だけでなく年収もカウント対象です。レイクの申込の上限年齢は70歳未満になっているので、収入が年金だけの高齢者でも利用する事ができます。ただ、年金収入だけだと心無い点もあるので、どうしてもレイクでお金を借りたい場合はアルバイト等を始めてから申込をしてみるのも審査通過のコツと言えます。

新生銀行レイク詳細ページ